不眠症の改善方法

不眠症の治し方って?状況別6つの不眠症の治し方

眠れなくなる、あるいは質の良い眠りができなくなる不眠症。これはウイルスや細菌などによる疾患とは違い、病原体を撃退することで改善するというものではありません。

多くの人が想像しやすいであろう不眠症ですが、その治療法となると、症状ほどぱっと浮かんではきません。今回は、この不眠症の治し方について紹介します。

続きを読む

不眠症と夜勤は切っても切れない?睡眠薬に頼らない仮眠法とは!

現代は不眠症の方が多いですね。五人に一人も不眠に悩んでいます。また、現代は夜勤や交代勤務をしておられる方も多いですね。人間の体は、昼間起きていて、夜になると眠るようにできています。
それに反して無理矢理に夜に起きていると、体にいろいろな不調が出ていきます。胃腸が悪くなったり、高血圧になったりしますが、不眠症で悩んでいる方も多くおられます。

夜勤をしなければいいのですが、それでも仕事ですからどうしてもしないといけない場合もありますね。どのように夜勤をしながら不眠症と戦えばいいのでしょうか。

眠りたくても眠れない!夜勤者の実態とは

夜勤をしておられる方は、実際にどのようなことに悩んでいるのでしょうか。

辛い!工場勤務

最近の工場は24時間操業しているところが多いですね。工場に勤めていると、日勤が5日ほど続いて、一日休んだら夜勤が5日続いたりします。眠れないというストレスとともに、日中に眠らないといけないのも辛いです。

眠れないストレスと、眠らないといけないというダブルのストレスがかかって大変ですね。それが一年中続いていて、日曜日も祝日も関係なくなるので、自分が社会から取り残されているような気分になります。

本当に辛いです。

一人夜勤で眠れない介護施設

夜勤が多い職場と言えば介護施設も多いですが、複数の職員で夜勤をしている施設ならば仮眠を取ることができます。しかし、グループホームなど一部の施設では夜勤を一人でしないといけないことが多いです。

一人の夜勤は話し相手もいないし、眠ることもできませんのでとても苦痛になります。また、介護施設では、早出、日勤、遅出、準夜勤、夜勤、といったように、日ごとに働く時間が変わってしまいますので余計に辛いです。

辛ければやらなければいいのですが、仕事ですし、手当もつきますので生活のために仕方なくやっている方が多いですね。

その他にもある夜の仕事

大きな病院の看護師やコンビニ店員など。長距離トラックや夜行バス運転手も夜通し自動車の運転をしますから、睡眠が不規則になりますね。最近は夜行バスの大きな事故が目につきます。

とっても怖い!睡眠薬常用での夜勤仕事

夜勤をしている方の中には睡眠薬を常用しておられる方も多いです。どのようなことが問題となるのでしょうか。

薬への依存体質になる

夜勤明けでもなかなか眠ることができずに、病院で睡眠薬をもらっている方も多いですが、睡眠薬を常用していると、薬に対して鈍感になります。それは体も心も鈍感になって行きます。

自分は夜勤をしているのだから、不規則な生活なのだから、眠れないのも無理はないという気持ちが、睡眠薬に依存する精神に繋がります。また、実際に体が、睡眠薬を飲まないと眠れない体質に変わっていきます。

睡眠薬の量が実際に増えていきます。

気が付かない間に心の病に

「自分が眠れないのは夜勤をしているからだ」という思い込みが、本当は心の病、うつ病にかかっているのを見過ごしてしまうこともあります。

不眠はうつ病の大きな症状になりますが、夜勤をしているせいで、不規則な生活だから仕方がないという思い込みをしてしまうのです。気が付かない間に、心が蝕まれていき、取り返しのつかない事になってしまいます。

不眠症以外に、食欲が無い、体が重だるい、気持ちがどんよりしている、朝が特に辛い、などの症状が思い当たる方は、医師に相談したほうがいいですね。

体が辛い人!夜勤は止めよう、無理は禁物です

たとえお金が稼げるからと言って、夜勤を続けていると、病気になってしまいます。無理は禁物ですよ。

人の体の仕組みについて

人の体は、昼間活動して、夜は眠るようになっています。太古の昔から人はそういう風に生きてきました。眠らない生活を送るようになったのは本当に最近の事です。体は昔のままのサイクルを続けています。

これは遺伝子レベルでそうなっているのですから、それを夜起きていて朝眠るようなことをしていて体がついていくわけがないんです。人の体は昼間体温が上がっていて、夜になると体温が下がります。

体温が下がると、眠くなります。それを無理矢理に起きているのだから、病気になるのも当たり前です

これだけはやってみたい!薬に頼らない安眠法

できれば避けたい夜勤ですが、仕事の都合で、どうしても夜勤をしないといけない方もおられますね。どのようにしたら、薬に頼らずに眠ることができるのでしょうか。

光の調整による方法

夜、眠らずに仕事をして、朝になって退社するとき、朝日がとてもまぶしかったりします。それで眠気が吹っ飛んだりしますが、この光が余計に眠ることを妨げてしまいます。

朝、退社するときにはサングラスをかけるなどして、目に強い光を受けるのを避けましょう。家に帰って仮眠を取る時には、遮光カーテンやアイマスクなどを使って光を遮りましょう。

お風呂に入って心も体もリセット

夜勤をして帰った後には、汗もかいているでしょうから、お風呂に入って、汗を流します。できればシャワーではなくて、お湯につかって体をリセットしましょう。体を温めることが安眠に繋がります。

音を遮って安眠しよう

音がうるさくて眠れないこともありますよね。特に小さい子供のいる家庭などは騒がしいですね。子供に静かにしろとも言えないし、困ってしまいますよね。耳栓をして寝ましょう。そうすることで必ず安眠に繋がります。

やってみたいアロマ

香りによる効果は絶大です。アロマオイルを使って安眠しましょう。ラベンダーが一般的ですが、シダーウッドにも強い安眠の効果があります。コットンに2滴ほど垂らして枕元に置くだけでOKです。

できれば避けたい!睡眠薬は最後の手段

どうしても眠れない時には、最後の手段として睡眠薬を使ってみるのもいいですが、できれば避けたいです。睡眠薬は常用すると癖になります。

薬局でも手に入る睡眠導入剤

薬局には睡眠薬は置いていませんが、睡眠導入剤は置いています。要するに、いろいろな眠くなる成分を使って睡眠の補助をするというものです。風邪薬を飲んで眠たくなったりすることがありますが、それと同じです。

実際に睡眠薬ほどではないですが、寝つきをよくすることは可能ですので、どうしても眠れない時には使ってみてもいいですね。

薬は最低限度に!

眠れない日々が続くと、そのこと自体がストレスになってしまいます。眠れないことがストレスに感じたら、それは不眠症の始まりです。病気になったら薬を使わないといけませんが、睡眠薬の使用は最低限度にしましょう。

何度も言いますが、睡眠薬を飲むと一時的に眠れるようになりますが、根本的な解決にはなりません。長期にわたって睡眠薬を常用するのは危険です。だんだんと薬なしでは眠れない体質になっていきます。

睡眠薬を使っていると、眠れて安心ですが、次第に後悔に繋がります。「どうして自分は睡眠薬を使わないと眠れなくなってしまったのか」と後悔します。そうなってからでは遅いのです。

そうなってしまってから後悔しても、なかなか後戻りはできませんので、要注意です。

不眠症と夜勤の切っても切れない関係!まとめ

  • 工場勤務や介護施設、病院など、夜勤をしないといけない職業は多いですが、皆さん苦労しています。
  • 睡眠時間が不規則だからという理由で睡眠薬を常用している方もいますがとても危険です。
  • 人間の体は昼間活動して夜には眠るようにできています。無理に夜起きて仕事をすることで体調を崩してしまいます。
  • 睡眠薬に頼らない安眠法を試してみましょう。
  • どうしても睡眠薬に頼らないといけない時は、必要最小限度にしましょう常用は危険です。

となります。不眠症を患ていて、それでも夜勤をしないといけない・・・本当に辛いですが、生活のためなんとか乗り切っていきましょう

夜ぐっすり眠れなくて辛い!不眠症を改善する方法は?

夜布団に入ってもなかなか眠れない、やっと寝ても頻繁に目が覚めてしまう、十分寝たはずなのに全然疲れが取れなかったり日中眠くなってしまう。

そんな経験をしている人は少なくないでしょう。と言うのも実に日本人の20%以上、およそ5人に1人が不眠症だと言われているのです

不眠症が長期に渡り続くと夜眠れなくて辛いばかりでなく、日中の生活にも支障が出てきます。そこで、気持ちよく毎日の生活を送るためには不眠症を改善する必要があります。

続きを読む