何をしても治らない?慢性化してしまった不眠症の解決方法とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

不眠症は大変多くの人が悩んでいる病気の1つであり、中には慢性的な不眠症になってしまう人もいる疾患です。眠りたくても眠ることが出来ないという現状のために、焦りやいら立ちが生じますます眠ることが出来なくなってしまいます。

今回は、どうして不眠症が治りにくくなるのか、そして慢性的な不眠症になってしまったとしたらどうしたらよいのかについてご紹介させていただきたいと思います。

慢性化するとなかなか治らない不眠症

不眠症が一定期間継続してしまうと、なかなか治りにくいと言われています。その理由は慢性的な不眠症が心や体に変化をもたらしてしまうからであるとされています。

不眠症がもたらす心の変化

不眠症の原因の一つに、ストレスがあります。悩みが大きかったり不安が強かったりすると、その事が原因で眠れなくなります。すると今度は眠れないことがストレスになりはじめます。それまでは気にしていなかったのに、どうして眠れないんだろう・朝になってしまったらどうしようと焦りが生じ、以前よりも強い不安や焦りを感じるようになってしまうのです。

不眠症がストレスフルな心を作る

その結果、眠れないこと自体が大変大きなストレスになってしまう可能性があります。元々はストレスが原因で不眠症に陥っていたのが、不眠症自体もストレスとなってしまい、元々のストレスに上乗せされるような形になっていきます。その結果、心の状態が更にストレスフルになってしまうのです。

不眠症がもたらす体の変化

また、精神的なストレスは体にとっては危険信号です。何かあった時にすぐに行動に移すことが出来るように体は準備をしています。そのため、ストレスがかかると体は覚醒します。つまりそれは脳も覚醒することを意味しているのです。

脳を休めることができない

眠りには脳の働きが大変重要な役割を担っています。私たちが熟睡感を得ることが出来るのは、脳がしっかりと休んでいるからです。しかし、脳が覚醒していることで、眠りが浅くなり、熟睡感を得ることが出来ず、入眠困難や早朝覚醒の状態に陥りやすくなります。その状態が長く続くと、今度はその状態に体が慣れてしまうようになります。その結果、慢性的な不眠症へと突入し、治りにくい不眠症に繋がっていきます。

どうしたら難治性の不眠症を治すことが出来るのか?

では、そのような状態に陥ってしまったとしたらどうしたらよいのでしょうか?不眠症の対処方法は、軽い不眠症の場合も治りにくい不眠症の場合も基本的には同じです。治りにくい不眠症の場合は、解消方法を根気よく続けていく必要があります。ここでは、その解消方法についていくつかご紹介させていただきます。

慢性的な不眠症の解消方法①根本的なストレスを解消する

まずは、不眠症の原因となっている根本的なストレスを解消することが求められます。これを解消することが出来なければ、不眠症に陥る可能性は残るといっても過言ではありません。例えば仕事のトラブルであれば働き方や仕事内容を見直してみても良いでしょう。仕事の優先順位を変更してみたり、仕事の分担を検討し直すことも一つの方法です。

ストレスの見通しを立ててみよう

今抱えているストレスが今後どうなるのかという見通しを立てることもとても大切です。ストレスが永遠に終わらないように感じていると、かなりのストレスを抱えることになりますが、例えば3日がんばったら少し休もうとか、自分の好きなことをしようなどと自分でスケジュールを立てることで、メリハリを持ってストレスに対処することが出来ます。

慢性的な不眠症の解消方法②ストレスを別の形に置き換えて解消する

根本的なストレスを解消することが求められるのは分かっていても、どうしてもすぐにストレスを解消することが出来るわけではない状況も多いと思います。そんな場合は、ストレスを別の形で解消することが大切です。その際、余暇をどのように過ごすのかということがとても大切になります。休日は趣味の日に当てたり、何もせず休むことにするなど、自分が穏やかに過ごせるような環境を整えてみましょう。

m慢性的な不眠症の解消方法③生活リズムを整える

人の体はリズムがあり、睡眠のそのリズムに管理されています。そのため、生活リズムを整えることが睡眠のリズムを整えることにつながっていきます。起床や就寝の時間を整え、毎日の生活にメリハリをつけるようにしましょう。また、日中の活動もとても大切になります。

適度な運動が大切

適度な運動は体に疲労をもたらしてくれます。そして自然な眠りを誘発しやすくなるため日中にしっかりと体を動かすことが大切です。

慢性的な不眠症の解消方法④就寝前の習慣を見直す

睡眠に大切なのは就寝前の習慣です。入浴は就寝1時間前には済ませるようにしましょう。浴槽に入って体を温めることで、体が解れて深い眠りへと繋がっていきます。また、寝る直前のアルコールやカフェインの摂取は控えるようにしましょう。

慢性的な不眠症の解消方法⑤医療機関を受診する

それでもどうしても不眠症が改善しない場合は、専門機関を受診してみてください。睡眠薬に対して不安や抵抗があるかもしれませんが、眠れない方がよほど体に悪影響をもたらします。不眠症の相談は精神科や心療内科で受け付けてくれています。

睡眠専門外来

不眠症の専門になる睡眠専門外来もあります。宿泊をしながら睡眠の様子をチェックし治療をすることも出来るので、慢性的な不眠症で悩んでいる場合は、一度受診を検討してみてください。

まとめ:慢性化してしまった場合根気よく治療をすることが大切

慢性化した不眠症に特効薬はありません。色々な方法を組み合わせて根気よく治療を行うことが大切です。その際に、生活リズムの改善やストレスの発散など、色々な方法を組み合わせて、不眠症の解決を図ることが大切になります。早期改善を目指して色々な方法を試してみましょう。

不眠症の辛さから解放されたいあなたへ

寝つきが良くなり睡眠の質を上げる不眠症対策サプリ「北の大地の夢じずく」

毎日しっかり寝たい!」寝れなくて辛いのはあなただけではありません。きっちり睡眠時間をとって休息出来ると、次の日の作業効率が全然違います。夜寝付くことが出来ずに、疲れがたまっていませんか。「北の大地の夢しずく」を飲んで寝つきよく、ぐっすり寝て朝スッキリ目覚めてみませんか?
北の大地の夢じずく」は北海道の大地で眠りのための理想のエキスを使って作られていて、しっかり休息をとることが出来ます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*