ツボの力で不眠症を解消!不眠症に効果があるツボとその刺激方法とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

不眠症に効果がある「ツボ」があることはご存知でしたか?

あまり知られていませんが、体には不眠症に効果があると言われているツボがいくつかあります。ツボは健康状態のバロメーターです。不眠の自覚が無くてもツボが凝り固まっているとしたら、それは「隠れ不眠症」のサインかもしれません。

ツボの基本となる東洋医学からの体の状態のとらえ方とは?

ツボとは、東洋医学の考え方の1つです。東洋医学では、体に経絡(気の流れ)が張り巡らされていると考えられています。その経絡上にツボはあるのですが、筋肉と筋肉の間や神経のつなぎ目などに当たることが多いようです。体の気の流れが滞ると、体にエネルギーが行き届きにくくなります。すると、疲れがたまりやすくなり体の状態が悪い状態になってしまいます。一方、体の気の流れが良い状態になると、エネルギーが循環して、本来持っている自然治癒力が高くなると言われています。

ツボは健康状態のバロメーター

体の気の流れが滞っているサインはツボに現れます。もしも、ツボが硬くなっていたり、張っていたりすると、それは体の不調を表していると考えられます。つまり、ツボを知ることが、自分の体が良い状態なのか、悪い状態なのかを知ることにつながるのです。

凝り固まったツボを刺激して体の健康を取り戻そう

もしもツボに何らかのサインが出ていたら、ツボを刺激することで気の流れを良くすることが出来ます。温めたり、さすったり、指圧したり、もんだり、叩いたり、様々な方法でツボを刺激することが出来ますが、体調やその人の症状によってツボを刺激する方法は様々です。そのため、興味がある人や、自分のツボをどうやって刺激して良いか分からない人は、鍼灸院などを利用することをお勧めします。

自然治癒力を取り戻そう

また、ツボへの刺激は体内に薬を取り入れたりするわけではなく体への負担が少ないと言われています。本来持っている力を取り戻す作業になるため、基礎的な健康状態が良くなると考えられています。

知らなかった!体には不眠症のサインとなるツボがあった

人の体には多くのツボがあります。そして、ツボごとに胃腸が弱っているツボ、肩こりのツボ、疲れがたまっているツボなど、体の不調サインとして現れているのです。その中には「不眠症のサイン」となるツボも存在しています。

不眠症のサインとなっているツボ①:安眠

安眠は、熟睡感を得るのに効果的であると言われています。場所は首の後ろです。耳の後ろの、下に向かって尖っている骨(乳様突起)から、およそ指の幅一本分下にある部分の、うなじとぶつかるあたりにツボがあります。

安眠を刺激するタイミング

安眠は、寝不足だと感じた時や、熟睡感を得ることが出来ないと思った時に刺激することが良いとされています。睡眠不足の場合、安眠が硬く凝っていることが多いと言われています。ツボを押すと痛みを感じることもあるようです。凝りや痛みを感じる人は安眠を刺激するようにしてみてください。

隠れ不眠症のサインでもある

不眠症の自覚がない場合でも、安眠が凝り固まっていることがあります。これは隠れ不眠症のサインです。

安眠の刺激の仕方

安眠のツボは「さする」か「指圧」で刺激をすることが効果的だと言われています。指の腹を使って全体的にさすってみたり、力を入れやすい指で指圧をすると良いでしょう。指圧の場合は、5秒間ゆっくりと押して力を抜く動作を5~10回ほど繰り返してみてください。

不眠症のサインとなっているツボ②:完骨

完骨は、痛みを和らげて眠りを誘発してくれるツボだと言われています。頭痛や肩こりが原因で眠れない人に効果的です。耳の後ろの、下に向かって尖っている骨(乳様突起)から、指一本分首の後ろ側の、髪の生え際の辺りにあると言われています。少し凹んでいる所です。

完骨を刺激するタイミング

完骨は痛みがある際に刺激をすると高い効果を発揮すると言われています。そのため、頭痛や肩こり、首コリなどの痛みが原因で眠りにくいと感じている人は刺激すると良いでしょう。

完骨の刺激の仕方

完骨は両手の親指で天井に押し上げるような形でグッと刺激していきましょう。これも5秒完刺激をする動作を5~10回ほど繰り返すと良いとされています。

不眠症のサインとなっているツボ③:百会

イライラして眠れない等、精神的な原因が理由で睡眠不足に効果的だと言われているのが百会のツボです。これは、頭のてっぺんにあります。耳たぶの先端と、顔の中心線が交わる、ちょうど頭のてっぺんにあり、自律神経を調整してくれると言われています。少し柔らかい部分がそれです。

百会を刺激するタイミング

百会を刺激するタイミングは、色々と考え事をしてしまって眠れない時や、気持ちが高ぶって眠れない時などがお勧めです。

百会の刺激の仕方

両手の中指でゆっくりと押して離すのを何度か繰り返してみてください。段々と気持ちが落ち着いてくると思います。

まとめ:ツボを刺激して、本来持っている睡眠の力を取り戻そう

ツボを刺激することで体の調子が整い、本来持っている自然に眠る力を取り戻すことが出来ます。ツボは長年の疲れが溜まってしまう場所であるため、根気よく刺激を続けることで効果を期待することが出来ます。そのため、日常的にツボを刺激するような習慣をつけられると良いと思います。

また、お灸や針などでツボを刺激することも効果的です。鍼灸院を受診して色々と相談してみると、自分に合った不眠症のツボを教えてくれたり、セルフケアの方法を教えてくれます。興味がある人は一度訪れてみてください。

不眠症の辛さから解放されたいあなたへ

寝つきが良くなり睡眠の質を上げる不眠症対策サプリ「北の大地の夢じずく」

毎日しっかり寝たい!」寝れなくて辛いのはあなただけではありません。きっちり睡眠時間をとって休息出来ると、次の日の作業効率が全然違います。夜寝付くことが出来ずに、疲れがたまっていませんか。「北の大地の夢しずく」を飲んで寝つきよく、ぐっすり寝て朝スッキリ目覚めてみませんか?
北の大地の夢じずく」は北海道の大地で眠りのための理想のエキスを使って作られていて、しっかり休息をとることが出来ます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*