育児における不眠症とは?産後の不眠症と、その解消方法について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

子供が生まれるとお母さんは大変です。最初の数か月は3時間おきの授乳が必要になります。上手く眠ることが出来なくなるのは、どんなお母さんにでもあることですが、中にはその状態が続いてしまう人もいます。育児における不眠症とは、またその解消方法とはどのようなものなのか一緒にみていきましょう。

産後の母親の生活

出産直後の赤ちゃんは、3時間おきに授乳が必要になります。それはつまり、お母さんもその時間に一緒に起きることになります。もしかして初めての子育てだとしたら、眠ってしまって次の授乳までに起きられなかったらどうしようと不安になってしまうかもしれません。

出産前後はホルモンバランスの影響で、どんなお母さんでも精神的に不安定になります。自分の子育て、これで大丈夫かな?なんだか神経が張ってしまって、眠れるはずの時間も眠れない。自分の母親に見てもらっていてもなんだか気になって眠れない。昼寝も出来ないという状態になることもあります。

産後うつと不眠症

出産後のお母さんはホルモンバランスが崩れるので、精神的に不安定になることが多くあります。気持ちが落ち込んだり、意欲がわかないことは、どんなお母さんでも一度は経験しています。眠れないことも良くあります。それは自然な症状であり、焦ったり不安に思う事もあると思いますが、大丈夫です。

しかし、その状態が出産後何カ月も続くと、「産後うつ」と呼ばれる状態になることがあります。これは一般的なうつ病と同じ症状で、適切な治療が必要です。うつ病は色々な症状が出ると言われていますが、その一つが「不眠症」です。

産後うつに伴う不眠症は、治療が必要です。産後に眠れないだけではなく、気持ちが落ち込んでいたり、赤ちゃんの世話をすることが極端に苦痛であったり、赤ちゃんのことを可愛いと思う気持ちよりは遺書にいることが辛い気持ちが強くなっていたりしたら、もしかしたら産後うつのサインかもしれません。

お母さんが眠れるために

それでも眠れないのは本当につらい体験です。ここからは少しでもお母さんが眠れるようなアドバイスをしていきたいと思います。

赤ちゃんの成長を待ってみましょう

赤ちゃんは新生児と呼ばれる時期は数時間おきに目が覚めたり、夜でもぐっすり眠ってくれない時がありますが、ある程度成長すると日中に起きて活動をし、夜間は眠ってくれるようなリズムが出来ていきます。これの時期は赤ちゃんによってまちまちになっています。

赤ちゃんが比較的長い時間夜眠ってくれるようになれば、お母さんも自然と安心して寝られるようになる人が多いようです。先ずは赤ちゃんが夜に眠ってくれるようになるまで、成長を見守ってみることも一つの方法です。

眠れなくても目を閉じてじっとしている時間を作りましょう

眠れないとしても体を休めることはとても大切なことです。誰か安心できる人に隣にいてもらい、赤ちゃんを見ていてもらいましょう。短い時間で良いので、まぶたを閉じて体を横にして、じっとしてみてください。目を開けると様々な刺激が入ってきてしまうので、眠っているのと同じような姿勢でじっとしていることが大切です。脳を休ませるために、なるべく頭をからっぽにしてみてください。

体をリラックスさせましょう

赤ちゃんの様子を気にしていたり、赤ちゃんを常に抱いていたりすることで、お母さんの体の筋肉が固まってしまうことがあります。ゆっくりとお風呂に入る時間がない場合もあるので、自分で体を解すように心がけましょう。

筋弛緩法

筋肉に力を入れて、その力をすっと抜くことで体をほぐす方法です。まずは、両肩をこれ以上上がらないと思うくらいまで思いっきり上にあげてみてください。その状態で10秒キープです。10秒たったら、大きく息を吐きながら、すとんと肩を落としてみましょう。この流れを数回繰り返してみてください。体がだんだんほぐれてきます。

周りの手を借りながら育児をしていこう!

育児を自分一人でやらなきゃいけないと思うと、ますます神経質になって眠れなくなってしまう可能性があります。そのため、可能であれば色々な人の手を借りながら育児をしていきましょう。

家族の手を借りる

赤ちゃんは母乳だけでなくミルクでもすくすくと大きくなります。そのため、あまりに眠れなくて大変な時は、思い切ってミルクの力を借りて、周りの家族に育児を手伝ってもらうことが大切です。旦那さんやご実家のご両親、義両親や兄弟などに少し手伝ってもらって、赤ちゃんを育てていきましょう。安心して任せられる人がいると、その後の育児にも余裕をもって取り組むことが出来ると思います。

ママ友の手を借りる

一番頼りになるのが、もしかしたら妊娠出産を経験しているママ友かもしれません。周りの人もきっと同じような悩みを抱えながら育児をしていますし、皆がお母さん1年生です。思い切って自分の悩みを相談してみてください。

保健師さんの手を借りる

何と言っても子育てのベテランさんは保健師さんです。保健師さんが訪問してくれるので、眠れない時の対応方法についても丁寧に聞いてくれます。専門家の視点からアドバイスをしてくれ、場合によっては医療機関なども紹介してくれます。自分の周りに頼れる保健師さんが一人いるだけでも安心して子育てを行うことが出来ます。

子育て支援センターで相談をする

また、地域の子育て支援センターでも、様々な育児のプロたちに相談することが出来ます。また、子育て支援センターでは同じような月齢のお子さんを持つお母さんも来所していることが多いので、悩みを打ち明けてみてください。それだけでも気持ちが楽になると思います。

お医者さんに相談しよう

もし出産後数か月経っても不眠症が改善しない場合は、もしかしたら産後うつに陥っているかもしれません。産後うつの不眠症は、治療が必要です。

いきなり精神科に行く勇気がない。そんなの当然です。まずは、かかりつけの産婦人科の先生に相談してみてください。もし勇気をもって精神科に行くことになっても、決しておかしい事でも、恥ずかしい事でもありません。それだけ育児は大変な作業なのです。

薬を飲む場合

うつ病に対しては漢方薬でも対応することが出来ます。しかし、場合によっては抗うつ薬を使用する必要があることもあります。その場合は、母乳に影響が出ることもあるので、医師に授乳中であることをしっかりと伝えて、一時的に断乳をしたり、母乳への影響が少ない薬を選択するなどの工夫をしていきましょう。

まとめ:誰でも不眠症になる!

赤ちゃんは可愛い。でも育児はストレスフルな作業です。少しでも不眠症を軽減しながら、楽しく子育てを行っていきましょう。

不眠症の辛さから解放されたいあなたへ

寝つきが良くなり睡眠の質を上げる不眠症対策サプリ「北の大地の夢じずく」

毎日しっかり寝たい!」寝れなくて辛いのはあなただけではありません。きっちり睡眠時間をとって休息出来ると、次の日の作業効率が全然違います。夜寝付くことが出来ずに、疲れがたまっていませんか。「北の大地の夢しずく」を飲んで寝つきよく、ぐっすり寝て朝スッキリ目覚めてみませんか?
北の大地の夢じずく」は北海道の大地で眠りのための理想のエキスを使って作られていて、しっかり休息をとることが出来ます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*