うつで不眠症になるの?その改善方法とは!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

うつ病と不眠症、全く違う病気だと思っていませんか?実はうつ病の人のなんと80%以上の人が不眠で悩まされているとさえ言われているのです。そんなうつ病と不眠症との関係についてご紹介させていただきます。

切っても切り離せない。うつ病と不眠症

うつ病の主な症状として、抑うつ気分や意欲の減退、興味の喪失ややる気のなさ、何となく辛い感じといった精神面の症状があげられます。しかし、うつ病は身体面にも症状が現れやすい病気なのです。

うつ病のサインとしての不眠症

周りがみたら明らかにうつ状態だと思える人でも、中には抑うつ気分を抱えていることに気が付かない人もいます。そんな人が最初に自覚する症状の1つが「不眠症」です。実際の現場では、不眠症で病院受診をしてみたところ、実はうつ病だったことが判明する人が多くいらっしゃいます。

うつ病の発症のサイン

不眠症は、うつ病の主な症状である精神的な症状より先に現れやすいと言われています。そのため、うつ病の早期発見のサインとなっているのです。人にはストレスを感じやすい人と感じにくい人がいます。ストレスを感じにくい人は、体の症状として現れて初めて自分がストレスを受けていたことに気が付くことが出来る人もいます。

うつ病再発のサイン

うつ病は再発することが多い病気であると言われています。うつ病を罹患し、適切な治療を受けて治ったと思った頃に不眠症が現れてきたとしたら、それは再発のサインの1つです。

不眠症の人はうつ病になるリスクが高い

うつ病の主な症状が出ていないけれど、不眠症が酷いという人がいます。これらの人は今うつ病という分けではありません。しかし、将来的に何らかのきっかけでうつ病になる危険が高いことが分かっています。

どうしてうつになると不眠症になるの?

では、うつ病と不眠症の関係についてみていきましょう。どうしてうつ病になると不眠症になりやすくなるのでしょうか?

眠ることに対してもやる気が無くなる

うつ病になると様々な欲求が低下してしまうと言われています。人は、物欲や出世欲など、その人の人生を豊かにするような欲求から、食欲や性欲など生きていく上で大切な生理的欲求まで、さまざまな欲求を持っています。しかし、うつ病はこれらすべての欲求に影響を与えてしまうと言われています。

睡眠欲求も生理的な欲求の1つであり、うつ病になるとそもそもの「眠りたい」という気持ちが低下してしまうのです。

セロトニンが足りない

うつ病になるとセロトニンと言う脳内の物質が少なくなると言われています。睡眠にはメラトニンという脳内物質が深く関与しているのですが、セロトニンはこのメラトニンの働きを助けてくれる物質です。そのため、セロトニンが不足するとメラトニンが十分働くことが出来ず、結果として睡眠を妨げてしまっているのです。

うつが引き起こす不眠症を治すには?

では、うつ病が関与している不眠症を治療するにはどうしたらよいでしょうか。その方法についていくつかご紹介させていただきます

うつ病の治療に取り掛かろう!

元々はうつ病が引き金となっているので、元になっているうつ病をしっかりと治療することが大切です。うつ病は、病院やクリニックの精神科で治療を行うことが出来ます。心の病気が体の症状として現れている状態を治療する心療内科でも対応してくれます。

薬物療法

うつ病には薬が奏功することがあります。精神科の薬に対して不安がある人もいるかもしれませんが、適切な投薬治療は症状の改善につながります。薬の不安は医師によく相談をしながら、必要があれば投薬治療にも挑戦してみてください。

心理カウンセリング

どうしても薬が苦手であり、少し話をして自分の事を整理することでストレスの改善が見込まれる場合は、心理士によるカウンセリングを受けてみましょう。きっと気持ちがすっきりすると思います。

不眠症のお薬を試してみよう

不眠症には、なかなか眠れない「入眠困難」、途中で目が覚めてしまう「中途覚醒」、朝早く起きてしまう「早朝覚醒」など色々なパターンがあります。それぞれのパターンによって使う薬が変わってくるので、自分の睡眠リズムをしっかりと把握して医師に報告しましょう。

うつ病の場合は、うつ病の薬との飲み合わせも大切になって来ます。必ず自己判断せず、うつ病の薬と不眠症の薬を両方飲んでいる場合は、両方の医師に報告してください。

自分の生活環境を見直そう

うつ病であっても、不眠症を改善するには生活リズムを整えることが大切になってきます。例えば、昼夜逆転している。寝たり起きたりして過ごしている。朝寝坊しているので夜眠れない等生活リズムが崩れていませんか?規則正しい生活が送れるように心がけましょう。

適度に運動をする

適度に運動をして体に適切な疲れをもたらすことも大切です。日中にしっかりと動くことで、生活リズムがより整いやすくなります。

まとめ

うつ病と不眠症には密接な関係があることが分かりました。うつ病を治療することが不眠症の改善につながって、不眠症を改善させることがうつ病の治療に繋がります。双方の症状を改善させることで、心身共に健康的な毎日を過ごしていきましょう。

不眠症の辛さから解放されたいあなたへ

寝つきが良くなり睡眠の質を上げる不眠症対策サプリ「北の大地の夢じずく」

毎日しっかり寝たい!」寝れなくて辛いのはあなただけではありません。きっちり睡眠時間をとって休息出来ると、次の日の作業効率が全然違います。夜寝付くことが出来ずに、疲れがたまっていませんか。「北の大地の夢しずく」を飲んで寝つきよく、ぐっすり寝て朝スッキリ目覚めてみませんか?
北の大地の夢じずく」は北海道の大地で眠りのための理想のエキスを使って作られていて、しっかり休息をとることが出来ます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*