現代社会に多い不眠とは?不眠症の3つの解決法について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

現代社会はストレスが多い社会であると言われており、かなりの人が不眠症で悩んでいます。不眠症の治療を専門的に行う専門外来まであるくらいの時代になってきました。不眠症になるには様々な原因があると言われています。

中には体の痛みや病気の進行など、身体的な要因が原因で不眠症を引き起こしている人もいます。しかし、不眠症の原因の多くは、精神的な要因が原因となって引き起こされていることが多いようです。

今回の記事では、どのような症状を不眠症と言うのか、また、どうしたら不眠症を治すことが出来るのかについてお伝えしてきたいと思います。

あなたももしかしたら不眠症かもしれない

不眠症で困っている人の多くは、実は自分が不眠症かもしれないという事に気がついていないこともあります。しかし、かなり多くの人が不眠症に該当しています。先ずは不眠症の症状についてご紹介させていただきます。

入眠困難型の不眠症

入眠困難型の不眠症は「寝つきが悪い」と言われるタイプの不眠症です。明確な定義はありませんが、夜布団に入って眠ろうとしてもおよそ1時間以上眠れない場合、不眠であると捉えられています。

中途覚醒型の不眠症

夜中に何度も目が覚めてしまって、そのあとなかなか眠ることが出来ない人は、中途覚醒型の不眠症である可能性が高いでしょう。寝つきも良いし、朝まで何とか眠ることが出来ているけど、なんだか熟睡感がないと感じている人は、中途覚醒型の不眠症の可能性があります。

早朝覚醒型の不眠症

明朝と言って良いくらいの2時や3時に目が覚めてしまって、それから何度眠ろうとしても眠れない場合は、早朝覚醒型の不眠の可能性があります。後少し寝なければという焦りからますます眠れなくなることもあります。

不眠症の原因①生活リズムが崩れているのかも?

では、不眠症の原因は何でしょう。誰しもが生まれた時から不眠という訳ではありません。必ず何らかのきっかけや原因があり、時にはそれらが重なり合って不眠症となっているのです。

体内時計が崩れている

私たちの体は、体内時計があります。その時計に従えば、夜は眠くなって昼は活動的になります。しかし、この体内時計が崩れていると夜眠れなくなります。当然ですが、昼間に寝ていると夜だって眠れませんよね。

寝ている時間と起きている時間の区別が曖昧

寝ている時間と起きている時間にあまり区別がない場合も夜ぐっすり眠ることが出来ません。1日中寝たり起きたりを繰り返していることで、生活リズム崩れやすくなります。その結果、ますます体内時計は崩れてしまうでしょう。

朝起きて夜眠るといった、シンプルな規則正しい生活を送ることが出来ないと、段々不眠症へと繋がってしまいます。

不眠症の原因②うつ病の1つの症状かも?

うつ病と言う言葉を聞いたことがありますか?心の病気の1つで、意欲が低下してしまったり、やる気が起きないといった症状が現れます。実は、うつ病の症状は、精神面だけではなく身体面にも表れるのです。その一つの症状が不眠です。

うつ病になると食欲の低下や夜間の不眠、体調には変化がないのに「頭が痛い」「お腹が痛い」と感じる等、様々な身体的な変化が生じる場合があります。

以下にうつ病のサインをあげておきます。きちんとした診断は医療機関で受ける必要がありますが、もしかしたらこれらの症状の多くが該当する場合は、うつ病から来ている不眠かもしれません。

うつ病のサイン

  • 意欲が低下している
  • 食事の量が減り急激に痩せた
  • それまで出来ていたことが、やる気がなくて出来ない

不眠症の原因③ストレスが体の症状になっているかも?

また、うつ病ではなくても、ストレスが体の症状として現れやすい人がいます。そういう人たちは、会社に行く前に頭が痛くなったりお腹が痛くなる、歯は悪くないのに疲れるとすごく歯茎が痛むなど、体調面にストレスが現れます。毎日の生活に影響が出るほど症状が悪化すると、身体表現性障害と呼ばれる状態につながることもあります。

不眠も症状として現れやすい物の1つです。考えすぎて寝られなかったり、不安が強くて眠れない等、精神的な変化が敏感に現れているのでしょう。

不眠症を解消する3つの方法について

このような不眠症はどうやって解決していけばよいのでしょうか?上でお伝えしたように、不眠症の原因としては、生活リズムの崩れ、うつ病の症状の1つ、ストレスの表現の1つがあると考えることが出来ます。では、それぞれの原因別に不眠の解消法についてご紹介させていただきます。

不眠を解消する方法①生活リズムを整えよう

一番に取り組んでほしいことは、生活リズムの改善です。先ずは毎日の生活リズムを決めることが大切です。重要なのは、朝起きる時間と夜眠る時間を決めてしまう事。そして日中はしっかりと活動をしましょう。

定期的に軽い運動をすることも大切です。また、バランスの良い食事を1日3食しっかりと食べて過ごしましょう。

不眠症を解消する方法②うつ病を治療しよう

もし、うつ病が原因で不眠になっているかもしれない場合は、うつ病の治療をすることが大切になります。一度専門機関を受診して医師に相談をしましょう。環境からのストレスが大きい場合は、環境を調整することが大切です。場合によっては職場の部署を移動するなどの対策が必要になります。

また、必要に応じてお薬を使用することも大切です。医師の指示にしっかりと従って、うつや不眠を改善できるような薬を使っていきましょう。お薬を飲むことが早期に不眠症を改善する一歩となる場合もあります。

不眠症を解消する方法③毎日のストレスを減らしていこう

ストレスが溜まることで不眠になる場合は、毎日の生活にちょっとした工夫が必要になります。例えば休日は趣味の時間に当てる、週に1日は定時に帰る日にする、お風呂はちょっと長めに入るなど、日々のストレスを減らしていくことが大切です。

ちょっとした努力がストレスには効果的です。色々な方法を試してみましょう。

まとめ:不眠を解消するために

不眠症は様々な原因が重なり合って生じている可能性がある疾患です。そのため、一つの原因を取り除いてもなかなか改善しないこともあります。それでも必ず打開策はあります。色々な方法を試しながら、安眠生活を送っていきましょう。

不眠症の辛さから解放されたいあなたへ

寝つきが良くなり睡眠の質を上げる不眠症対策サプリ「北の大地の夢じずく」

毎日しっかり寝たい!」寝れなくて辛いのはあなただけではありません。きっちり睡眠時間をとって休息出来ると、次の日の作業効率が全然違います。夜寝付くことが出来ずに、疲れがたまっていませんか。「北の大地の夢しずく」を飲んで寝つきよく、ぐっすり寝て朝スッキリ目覚めてみませんか?
北の大地の夢じずく」は北海道の大地で眠りのための理想のエキスを使って作られていて、しっかり休息をとることが出来ます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*