不眠症の鍵はセロトニン!セロトニンを増やすためにできる3つの方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

なかなか眠れない、寝つきが悪いという不眠症の原因は、就寝前にリラックスできていないからかもしれません。

不眠症で悩んでいる人は、リラックスさせるホルモンセロトニンを増やすように心がけてみましょう。そのためにできることを3つ厳選してご紹介します。

セロトニンはハッピーホルモンとも呼ばれる

セロトニンはハッピーホルモンとも呼ばれ、心の状態と深い関係性のあるホルモンです。

セロトニンが体内で分泌されると、高ぶっている精神が落ち着いて、リラックスることが出来ます。大好きな人と一緒にいたり、大好きなことに没頭しているとき、美味しいものを食べているときなどにはセロトニンがたっぷり出ているものなのですよ。

不眠症になってしまうのは、いろいろな悩み事やストレスのせいということが多いもの。ハッピーホルモンであるセロトニンを分泌させて、心地よい眠りをサポートしてあげましょう。

方法1.無理のない範囲の軽い運動をする

セロトニンはじっとしているよりも、軽く体を動かした方が分泌されやすくなります。といっても過激なハードワークや筋トレは逆効果。ウォーキングしたり、ストレッチしたりといった程度で十分です。

運動不足を自覚している人は、1日5分でもいいので体を動かすように意識してみましょう。

方法2.ポジティブな言葉を使うこと

口から出る言葉は、自分の心と体に大きく影響します。「どうせ私なんて」とかついついマイナスの言葉が口から出ていませんか?

そのマイナスの言葉は、ほかの誰でもない、あなたの脳が一番影響を受けてしまいます!セロトニンを増やすにはポジティブな言葉を使うこと。

寝る前に「今日も楽しかったー!」というだけでも、セロトニンの分泌量を増やすことに役立ちます。

方法3.腹式呼吸してみる

深い呼吸は、自律神経の中でも副交感神経というところを働かせます。副交感神経には、心や体をリラックスさせる効果がありますから、腹式呼吸でゆったりした呼吸をするのはセロトニンの分泌にも効果的。

また、腹式呼吸は下半身ポッコリにも効きますから、不眠症改善と同時にスタイルアップの効果も期待できるかもしれません。意識して、普段の呼吸を腹式呼吸にしてみてもいいかもしれませんね。

不眠症の辛さから解放されたいあなたへ

寝つきが良くなり睡眠の質を上げる不眠症対策サプリ「北の大地の夢じずく」

毎日しっかり寝たい!」寝れなくて辛いのはあなただけではありません。きっちり睡眠時間をとって休息出来ると、次の日の作業効率が全然違います。夜寝付くことが出来ずに、疲れがたまっていませんか。「北の大地の夢しずく」を飲んで寝つきよく、ぐっすり寝て朝スッキリ目覚めてみませんか?
北の大地の夢じずく」は北海道の大地で眠りのための理想のエキスを使って作られていて、しっかり休息をとることが出来ます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*