不眠症とうつ病の2つに効果あり!セロトニンを沢山摂る必要性は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

不眠症で悩まされている人は日本全国にかなりの人がいます。仕事や家事、育児、人間関係、学歴、職歴等で悩まされて挙句の果てにストレスが原因となっています。

不眠症になるのは、脳内や中枢神経系で働く神経伝達物質のセロトニン、ドーパミン、ノルアドレナリンが減っている為です。不眠症とうつで悩んでいる人達の為に不眠症とうつをまとめてみました。

不眠症とうつは関係あるのか?

不眠症も現代病の一つとして数えられていて、うつ病も年々に増加していて2008年には104万人以上とされています。厚生労働省からのデーターによるとうつ病の有病率は6.5%で、4人に3人は病院へ行っていない人がいるといわれています。

不眠症はうつの初期症状としてとされています。不眠症がうつ症状の前か後に発症するのか、同時に不眠症とうつ症状が発症するのかは個人差があり、うつ病患者のうち90%の割合で不眠の症状が発症します。

仕事の関係や忙しい理由で睡眠不足の人も多いですが、睡眠不足が続くとうつ病や精神疾患を発症する事が分かっていいます。睡眠中には成長ホルモンが分泌され、体を修復し健康な体を保ってくれています。

睡眠は脳に深い関係があるので、質の高い睡眠が不眠症を防ぐのです。

セロトニンが不眠症とうつを招く?

三大神経伝達物質のセロトニンとドーパミン、ノルアドレナリンが安定している事で私達人間の心が安定しているのですが、セロトニンが不足するとうつ病に原因にもなります。

うつ病に大きくかかわっているセロトニンは、不眠症と全く関係なく思われがちですが、セロトニンが不足すると睡眠を促す睡眠ホルモンやメラトニンと深くかかわっています

例えば、仕事が忙しくて不規則な生活をしていたり、不規則な食事をしていたりする事でメラトニンの分泌が減ります。メラトニンの分泌が減るために上質な睡眠が出来なくなります。

睡眠メラトニンはセラトニンにより脳内で作られるのですが、つまりセラトニンが不足するとメラトニンも不足するという事です。セロトニンは精神を安定させる役割をしています。

セロトニンを摂取するには?

日々のストレスを上手に発散するにはストレスを作らないようにする必要があります。そのストレスを上手に発散させるには朝起きた時にカーテンを開けて沢山の太陽の光を浴びる事から始まります。

セロトニンを上手に増やすようにする為には必須アミノ酸の1種でもあるトリプトファンを取るようにしましょう。トリプトファンは、脳内にあるセロトニンを生成する作用があるのでトリプトファンを含む食品を食べる必要があります。

トリプトファンを多く含む食べ物は、大豆食品の豆腐や、しょうゆ、味噌、乳製品の牛乳やチーズ肉類であれば牛のレバー、豚ロース、魚介類であればすじこ、カツオ、マグロ、そしてゴマ等にも含まれているので意識しながら食べて下さい。

トリプトファンの1日の摂取量は120mgで、うつがある人であれば1000mgが必要ですが、食品からとるのにも限界があります。簡単にトリプトファンを摂るのであればサプリメントがお勧めです。

セロトニンをなるべく食品から食べるようにして、不足気味ならサプリメントで補う事が不眠症とうつの症状を緩和します。

不眠症の辛さから解放されたいあなたへ

寝つきが良くなり睡眠の質を上げる不眠症対策サプリ「北の大地の夢じずく」

毎日しっかり寝たい!」寝れなくて辛いのはあなただけではありません。きっちり睡眠時間をとって休息出来ると、次の日の作業効率が全然違います。夜寝付くことが出来ずに、疲れがたまっていませんか。「北の大地の夢しずく」を飲んで寝つきよく、ぐっすり寝て朝スッキリ目覚めてみませんか?
北の大地の夢じずく」は北海道の大地で眠りのための理想のエキスを使って作られていて、しっかり休息をとることが出来ます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*