うつ病と表裏一体の不眠症!どう対策すればいいか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

うつ病と不眠症の関係は、はっきりしています。うつ病と診断された人の9割の方は、不眠症に悩んでいます。

うつ病の診断基準の一つに、不眠の症状があるほどですので、うつ病と不眠症の関係は、非常に深い関係であると言えます。

うつ病の症状

うつ病の主な症状は次のようなものがあります。興味の薄れ、憂鬱な気分、食欲、体重の増減、話し方が遅くなる、イライラする、疲れやすくなる、自己肯定感がなくなり悲観的になるなどです。

このように、現代社会で要求される生きる意欲、エネルギーが奪われている状態といえるでしょう。

うつ病の原因

最近の研究では、うつ病の人の脳の神経細胞における情報伝達作用に異変が生じているとされています。

我々の行動は、脳からの指令によってもたらされます。うつ病により、意欲や記憶などの感情、知的な指令がうまくいっていない状況にあると言えます。

そのような指令を伝える神経伝達物質である、セロトニンやノルアドレナリンの量が減っているのです。このことが、うつ病の症状を生み出していると指摘されております。

現代における不眠症

不眠は、入眠、中途覚醒における障害など幾つか種類がありますが、この原因には、自律神経の働きに異常が生じていることが指摘されています。

具体的には、眠る際には、副交感神経が優位になるのが通常ですが、不眠症の方は、副交感神経が低下し、興奮などをつかさどる交感神経が優位になってしまい、眠れない状況になっているのです。

不眠による身体への影響

不眠がもたらす身体への悪影響は枚挙にいとまがありません。寿命の低下、病気になるリスクの上昇、集中力の低下、作業効率の低下など、重大なものばかりです。

このような不眠のリスクを回避するために、どのような対策を取るべきでしょうか?

不眠症への対処

一般的に指摘されるのは、ストレスの多い生活を改めるということです。この指摘の意味は、乱れた自律神経のバランスを整え、脳内の神経伝達物質の作用を正常に戻すことが必要であるということです。

まず、神経伝達物質の正常化という意味で、セロトニンを活性化させるためには、ヨガの呼吸法、適度な運動、太陽の光を浴びることなどが重要であると言われています。とくにリズム運動が効果的であると言われており、ウォーキングやランニングは最適でしょう。

また、睡眠の環境を整え、睡眠ホルモンであるメラトニンを阻害しないためには、次のことに注意する必要があるでしょう。

寝る前のスマホ等の利用は避けましょう。ライトや電磁波の影響でメラトニンが阻害されてしまいます。睡眠薬の使用もなるべく避けてください。

専門家によれば、睡眠薬による睡眠の質の低下が指摘されています。そのほか、カフェイン等の摂取もさけ、十分暗くした寝室で、リラックスした状態で入眠しましょう。

不眠症の辛さから解放されたいあなたへ

寝つきが良くなり睡眠の質を上げる不眠症対策サプリ「北の大地の夢じずく」

毎日しっかり寝たい!」寝れなくて辛いのはあなただけではありません。きっちり睡眠時間をとって休息出来ると、次の日の作業効率が全然違います。夜寝付くことが出来ずに、疲れがたまっていませんか。「北の大地の夢しずく」を飲んで寝つきよく、ぐっすり寝て朝スッキリ目覚めてみませんか?
北の大地の夢じずく」は北海道の大地で眠りのための理想のエキスを使って作られていて、しっかり休息をとることが出来ます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*