日本人の5人に1人が不眠症!自律神経のバランスを整えて不眠症を解消するには?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

不眠症は、日本人の5人に1人がかかっていると言われています。

不眠症には、入眠障害(寝つきが悪い)、中途覚醒(途中で目が覚める)などの症状があり、次の日にも眠気や疲れが残ってしまい心身に影響が残り日常生活に支障が出てしまうものです。

不眠症の原因

不眠症の原因としては、睡眠時無呼吸症候群などの病気や交代勤務などによる不規則な睡眠によるもの、精神的ストレス、うつ症状などがあげられます。

精神的ストレスは、自律神経のバランスを崩したり、うつ症状をもたらします。また、生活習慣の乱れによっても自律神経のバランスやうつ症状をもたらし、不眠になることが知られています。

不眠症の原因が病気による物の場合には、病気の治療が行われます。病気以外の原因の場合にはそれぞれの場合によって解消法が考えられます。

ストレスが原因の不眠症の場合

ストレスが溜まると、自律神経のバランスが崩れ、常に交感神経が優位な状態になってしまいます。入眠するには、副交感神経が優位になっていないといけないため、寝つきが悪くなってしまいます。

副交感神経を優位にするためには、まず原因となるストレスを取り除くこと、そして、ストレスを発散することです。

また、睡眠前にリラックスするよう心がけましょう。ぬるめのお風呂にゆっくり浸かることや、カフェインを夕方以降摂らないことなどです。

うつ症状が原因の不眠症の場合

疲労やストレスの蓄積により、脳内伝達物質のセロトニンが減少し、うつ症状になり不眠症になってしまいます。また、夜遅くまで仕事をしたり起きていたりといった生活習慣の乱れでもセロトニンは減少してしまいます。

うつ症状が原因の場合、セロトニンを増やすようにしましょう。セロトニンは朝の日光を浴びる事が効果的です。

また、日光を浴びると、睡眠に関係するホルモンであるメラトニンの分泌も促すことができます。メラトニンもパソコンやスマートフォンから発せられるブルーライトを浴びることにより減少しがちで不眠症の原因となります。

セロトニンは、ウォーキングなどの理済み体操を行うことで分泌が促進されますので、朝ウォーキングをするとより効果的です。また、体内でセロトニンの合成の原料となるトリプトファンやビタミンB6を摂取することも大事です。

サプリメントを上手に摂ろう

交感神経が優位にあるとイライラしたり、リッラックスできなくなってしまいます。このような症状に効果のある成分として、GABAやテアニンがあります。

GABAは脳内神経伝達物質で、リラックスさせる作用を持っています。不眠症の治療に用いられるベンゾジアゼピン系のお薬もこのGABAを増やす働きがあります。

GABAは広く食物に入っている成分ですが、発芽玄米に多く含まれています。効率よく摂取するためにはサプリメントの摂取もよいでしょう。

また、お茶に含まれるテアニンもリラックスさせる作用があります。こちらもサプリメントで摂ると効率よく摂取できます。

メラトニンは体内でセロトニンから合成されるため、セロトニンを増やす食べ物を食べることは効果的です。トリプトファンはアミノ酸の一種です。効率よく摂りたい場合はアミノ酸のサプリメントを摂取するとよいでしょう。

ビタミンB6は、ビタミンB群としてサプリメントで摂取できます。回手法を用いて、不眠症を解消し快適な睡眠をめざしましょう。

不眠症の辛さから解放されたいあなたへ

寝つきが良くなり睡眠の質を上げる不眠症対策サプリ「北の大地の夢じずく」

毎日しっかり寝たい!」寝れなくて辛いのはあなただけではありません。きっちり睡眠時間をとって休息出来ると、次の日の作業効率が全然違います。夜寝付くことが出来ずに、疲れがたまっていませんか。「北の大地の夢しずく」を飲んで寝つきよく、ぐっすり寝て朝スッキリ目覚めてみませんか?
北の大地の夢じずく」は北海道の大地で眠りのための理想のエキスを使って作られていて、しっかり休息をとることが出来ます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*