眠りが浅いのは不眠症の可能性が!知っておきたいうつとの関係性

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

不眠症と言えば全く寝れない症状を指すと思っている人もいますが、実際は浅い眠りが連続し、十分に休めていない場合も不眠症に入ります

睡眠の質はうつとも深い関係があり、だるくて起きる事が出来ず、気が付いたら日が暮れていたと言う日が多い人は注意が必要です。

不眠症の定義は眠りの質にある

不眠症は全く眠れない症状を指すのではなく、数時間は数十分単位の浅い眠りを繰り返してしまう場合も含まれます。

元々眠りが浅い人は、不眠症になりやすい傾向がある場合や、すでに不眠症になっている可能性もあります。自分で普通だと思っていたことが、病院に行って不眠症だとわかるケースも多いのです。

不眠症の原因は様々ありますが、主な原因として挙げられるのが、不規則な生活を続けたことによる自律神経の乱れです。ストレスによって自律神経が乱れ、睡眠が浅くなるケースも多く、うつと併発することも多いのです。

診断は心療内科や精神科で

特に眠りが浅い、睡眠時間は十分なはずなのに疲れが取れないと言う時は注意が必要です。特にうつに顕著なのが、なかなか起きる事が出来ず、後悔しているうちに気が付くと一日が終わっていることです。

疲れがたまっているなら一日動けないこともあり得るものですが、週に何日か、あるいは月の休日のほとんどがそのような状態になっている場合は、不眠症やうつを疑う段階です。

うつと不眠症は初期症状が似ている場合もありますが、比較的軽度の内に治療を始めると回復傾向に向かう事や、薬でコントロールできるケースが多いです。

睡眠の質が悪いと思うようになってみたら、まずは心療内科や精神科で不眠症かどうかを調べるのがお勧めです。都市部では、睡眠外来などの専門の科を設けているケースも有ります。

軽めの睡眠薬で眠りが確保できればうつを予防できる事も有るため、早めの対処が大切なのです。

睡眠の質を上げるために必要な事

睡眠の質を上げるためには、ストレスをなるべく受けないようにすることや、規則正しい生活を送る事が基本です。一度不眠症になってしまうと規則正しい生活自体が出来ないことも多く、薬の補助が必要になる事があります。

薬があっても、生活習慣を変えなければ不眠症の改善が出来ない場合もあります。

まず、寝る前にスマートフォンやテレビ、パソコンなどを操作したり見たりすると、睡眠が浅くなることがわかっています。寝る前に光の強い刺激を受けると交感神経が活性化され、眠りが浅くなってしまうのです。

また、日中は少しでも陽の光を浴びる事が重要です。陽の光を浴びる事によって体内時計は自然とリズムを調整するようになっているのです。

うつは重度になってしまうと、まともな生活が困難になるほど、思考能力や気力が奪われてしまう病気です。不眠症はうつの引き金になる事も多いため、健康管理の面でも睡眠に気を配る事は重要なのです。

不眠症の辛さから解放されたいあなたへ

寝つきが良くなり睡眠の質を上げる不眠症対策サプリ「北の大地の夢じずく」

毎日しっかり寝たい!」寝れなくて辛いのはあなただけではありません。きっちり睡眠時間をとって休息出来ると、次の日の作業効率が全然違います。夜寝付くことが出来ずに、疲れがたまっていませんか。「北の大地の夢しずく」を飲んで寝つきよく、ぐっすり寝て朝スッキリ目覚めてみませんか?
北の大地の夢じずく」は北海道の大地で眠りのための理想のエキスを使って作られていて、しっかり休息をとることが出来ます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*