不眠症によって起こる生活の乱れと不眠症に落ちるサイクルは? 男性 22歳 Y.O.さん

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

22歳の学生をやっている男性です。不眠症は多くの人が一度は体験したことがあると思います。

原因はたくさんあり、ストレス、ホルモンバランス、食生活、とどれも自分に当てはまるようなことばかりで参ってしまいます。

いきなりくる不眠症

不眠症は、ある日いきなりやってくることが多いです。特に何にも疲れてない日の夜に来ます。疲れていないから今日は夜更かししようと思っていても、夜の2時や3時には寝落ちしてしまいます。

しかし時たま、朝まで全く眠ることもなく、眠気すらこないことがあります。頭では寝なきゃいけないと思いながらも、全く寝れないことなど日常茶飯事でした。

いきなり不眠症はやってきて、その次の日から生活のリズムは、どんどん崩れていきます。

不眠症になったときの気分や体調

不眠症になっているときは、もう生きている心地がしないくらいしっくりきません。重いしこりをずっと抱えているような感じがします。

しかし、これは寝るとスッキリします。特に10分でも寝るとすぐにようなります。

なので、寝たい寝たいという気持ちからくるストレスの蓄積なのだろうと私は考えています。

不眠症のときは、身体はかなり疲れは取れています。しかし脳がかなり疲れていて、たまに歩いていても無心になっていることが多いです。このような感じの気分や体調になり、かなり不快に感じることが多いです。

不眠症の対処方法

不眠症の対処方法は、いくつかあるかもしれませんが、私が毎回大切にしていることは、眠くなったすぐに寝ることです。しかも短時間です。

日中に眠くなると、日中の仕事がうまくいきません。そのために多くの場合は寝ることで、そのワーキングスキルは改善されます。

そのために日中に眠くなったら、30分でもいいので寝てください。寝すぎると夜にまた眠くなくなるので、寝すぎには注意しましょう。

また、かなり激しい運動をして心身ともに疲れることができたら、自ずと寝ることができると思います。

不眠症についてのまとめ

不眠症は本当に辛い一種の病気です。それは突然の羽目外しで訪れることが多いです。一番は生活のリズムを自分なりにもっておくことです。またそれを崩さないように努力することです。

そしてもし不眠症になったとしても日中にたくさんの努力をすれば、夜には疲れて寝てしまいます。こんな風にしてあなたも不眠症にまずならないこと、そして不眠症になったとしても切り抜ける力をもつこと。これを大事にして、生活を送ってください。

不眠症の辛さから解放されたいあなたへ

寝つきが良くなり睡眠の質を上げる不眠症対策サプリ「北の大地の夢じずく」

毎日しっかり寝たい!」寝れなくて辛いのはあなただけではありません。きっちり睡眠時間をとって休息出来ると、次の日の作業効率が全然違います。夜寝付くことが出来ずに、疲れがたまっていませんか。「北の大地の夢しずく」を飲んで寝つきよく、ぐっすり寝て朝スッキリ目覚めてみませんか?
北の大地の夢じずく」は北海道の大地で眠りのための理想のエキスを使って作られていて、しっかり休息をとることが出来ます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*