不眠症改善には好きなことをやってお風呂に浸かるのが効果的 男性 26歳 R.M.さん

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

私は新卒で銀行に就職いたしましたが、働きはじめて半年程たった頃から、夜ベッドに入っても寝付けないようになりました。

それまでの私はベッドに入るといつも気づかない内に眠っていたので、自分の体がどこかおかしいのかなと思うようになりました。

仕事のストレスが原因か?

当時の私は、銀行での研修を終え営業としてお客さんのところを回る生活を送っていました。

ノルマも厳しく、カードローンや投資信託といった金融商品の営業の仕事で強いストレスを感じていたことを覚えています。

寝つきが悪くなったのも、ちょうどその時期と重なっておりました。仕事でストレスが溜まって、更に睡眠不足からのストレスも重なって精神的にかなり参ってしまいました。

眠れない期間が半年ほど続きました。その時期は、翌日の仕事に響くから、ちゃんと寝付かなくてはと考えすぎて更に眠れなくなるという辛い思いをしていました。

普段の生活を見直すようになる

私は、眠れないのはストレスが原因だろうということを考えました。そこで自分の生活を振り返ってみました。

平日は仕事から帰る時間も遅く、家に帰ると何をするでもなくグッタリしていることが多くなった、ということに気づきました。また、夜にお風呂に浸からずにシャワーだけですましてばかりになってしまっていました。

休日も以前のように活動的ではなくなっていました。休み明けの仕事に疲れを残さないようにと、それまで好きだったスポーツをすることも徐々に減っていました。

やりたいことを続けると改善の方向に

そこで、私はまずは生活を改善しようと思い、平日は仕事が終わって家に帰ってから、自分の好きな音楽を聴いたり、小説を読むといった簡単なことを始めました。

すると自分の思った以上に、ストレスが軽減されるのを実感しました。心に余裕ができると、夜は湯船に浸かって温まろうと思えるようになり、毎日浴槽で入浴するようになりました。

湯船に毎日浸かるのは、不眠症に非常に効果的でした。心も体も癒され、寝つきが自然と良くなっていきました。

また、休日には学生時代にやっていたテニスを再び始めました。思いっきり汗をかくことで気分もよくなり、テニスを終えて家に帰ってから湯船に浸かると適度な疲労感で更にぐっすり眠れるようになりました。

不眠症の辛さから解放されたいあなたへ

寝つきが良くなり睡眠の質を上げる不眠症対策サプリ「北の大地の夢じずく」

毎日しっかり寝たい!」寝れなくて辛いのはあなただけではありません。きっちり睡眠時間をとって休息出来ると、次の日の作業効率が全然違います。夜寝付くことが出来ずに、疲れがたまっていませんか。「北の大地の夢しずく」を飲んで寝つきよく、ぐっすり寝て朝スッキリ目覚めてみませんか?
北の大地の夢じずく」は北海道の大地で眠りのための理想のエキスを使って作られていて、しっかり休息をとることが出来ます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*