出産後、夜中のミルクが頻回で不眠症に!睡眠導入剤で眠れるように 女性 35歳 N.N.さん

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

元々、寝つきは良くロングスリーパーでした。睡眠時間が足りないと体調が悪くなるのは今でも変わりません。

しかし、生活環境の変化から寝つきが悪くなってしまいました。

これまで色々と試した結果、現在、寝つきは改善されてストレスが一つ減りました。

寝つきが悪くなった原因

子供が産まれて、夜中の授乳などで断続的な睡眠しか取れなくなったことが、そもそもの原因だと思います。

余り寝ない子供だったのと、夜中のミルクが頻回だったため、夜中に熟睡出来るようになったのは4歳頃です。1~2時間おきに起こされたり、昼寝をしたりと睡眠時間はバラバラでした。

特に寝つきの悪い子のため、真っ暗な部屋で2時間近く寝かしつけをしていました。その間にうっかりウトウトしてしまうと、もう寝られない!ということになりました。

子供が1歳の時に仕事を辞めました。仕事に行かなくなったことで体が楽になったのだと思います。

寝不足のはずなのに中々眠れなくなりました。朝方まで眠れないこともしょっちゅうでした。

不眠症に悩んだ期間とその辛さや影響

結局、不眠症に悩んだ期間は7年間位です。寝つきが悪くて夜中に眠れなくても、自分のペースで昼寝をすることも出来ないし、休日に好きなだけ眠ることも出来ません。

免疫力も下がり、病気も色々としました。常に頭がぼーっとして、子育てのイライラや疲れも手伝って最初の3年位は本当に辛かったです。

寝つきが悪いと、ただただ何もすることが出来ずにイライラばかりが募りました。

余りに眠れない時は朝の3~4時頃にこっそり家を抜け出して、24時間営業のスーパーへ買い物に行ったりもしていました。

不眠症への試行錯誤

寝る前にテレビやPCや携帯を見ないことは勿論、軽いストレッチやヨガをしてみたり、眠れる音が入っているアプリを使って聞いてみたり、枕を変えてみたり色々しました。

市販の睡眠導入剤を使ってみましたが、元々アレルギーがあり、その様な薬への耐性がついていたために、ほとんど効果はありませんでした。

不眠症の改善

結局、何をやっても大して効果がないので、現在通院中の内科の先生に相談をしました。

結果、「マイスリー10mg」という睡眠導入剤を処方して貰い、それですんなり眠ることが出来るようになりました。

医師が処方する睡眠薬にも長、中、短作用型や依存性など様々あります。マイスリーは依存性が比較的少なく、超短時間作用型です。

すぐに眠たくなる半面、すぐに効果が切れますので(一番効くのが1時間後位)翌朝まで薬が残るということもありません。

一度寝てしまえば長く眠れるタイプの「寝つきが悪い」不眠症だったので、すぐに眠れてしまうこのお薬が一番合っているようです。

但し、薬が効いている間は記憶が無くなってしまうこともあるので(たまにうろ覚えでネットショッピングをしていたりすることがある)、薬を飲んだらすぐにベッドに入ることにしています。

半分量の5mgもあるので、医師にはそちらに出来ればと言われていますが、そうなると眠れないので現在のところ10mgで対応しています。

余りこういうお薬に頼らない方がいいのは良く分かっています。ですが、スッと寝付けるのでストレスや翌日の疲れが本当に違います。

本当に不眠で悩んでいる方は一度医師に相談してみるのも一つの方法だと思います。

不眠症の辛さから解放されたいあなたへ

寝つきが良くなり睡眠の質を上げる不眠症対策サプリ「北の大地の夢じずく」

毎日しっかり寝たい!」寝れなくて辛いのはあなただけではありません。きっちり睡眠時間をとって休息出来ると、次の日の作業効率が全然違います。夜寝付くことが出来ずに、疲れがたまっていませんか。「北の大地の夢しずく」を飲んで寝つきよく、ぐっすり寝て朝スッキリ目覚めてみませんか?
北の大地の夢じずく」は北海道の大地で眠りのための理想のエキスを使って作られていて、しっかり休息をとることが出来ます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*