不眠症で仕事を辞めたいという前に!開き直って気長に解消!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

人間は人生の三分の一を睡眠時間に充てています。寝ることは体の疲れを回復させるとともに悩んでいた事やモヤモヤした気持ちをリセットさせる心の回復にも大きく貢献しています。

さて、毎日当たり前のように寝ている人が急に寝れなくなったらどうなるでしょか?次の日は心身ともに辛い状態で一日過ごさなければなりません。

その状況が長期間続くと集中力が大きく低下し仕事もやる気を無くし、気持ちもどんどん鬱になり何事にもやる気がおきなくなります。そして多くの人が会社を休みたくなったり、不眠症が原因で仕事を辞めたいと考えます。もし不眠症になったら次の事を参考にして焦らず症状改善をしてください。

不眠症改善には専門医を訪ねる!そして原因を特定

眠くない人は寝なければ良いですが、自分の意思に反して寝たいのに寝れないという状況は最悪です。早く寝ないといけないという焦りから益々寝れないという状況に陥ります。

不眠症の原因を特定する

この状態が長く続くと心身ともにボトボロになるので、まず心療内科のドクターに診てもらって原因を特定するべきです。ドクターとのカウンセリングの中で自分を取り巻く人間関係、家庭、仕事、健康状態、心配事等の話をしていくうちにメンタル面での不眠の原因を探る作業をします。

ドクターと話をしていると知らず知らずのうちに我慢していた事や何を悩んでいるのかが整理できてきます。解決できるか否かは別として精神的な不安やプレッシャーが発見できるだけでも治療に向けた第一歩となるので悩んでいるならまず診療内科をドアノックしてみましょう。

睡眠薬を利用する!まずは試す

睡眠薬は人によって効果や副作用が違うのでドクターとよく相談しながら試すのが望ましいです。街のドラックストア-でも処方箋無しで購入できるものも有りますが、効果の判断がしにくいのでやはりドクターとの相談で処方してもらうべきです。

不眠症の薬はどこで購入?

私も最初はドラックストア-で睡眠導入薬を購入していましたが、結局薬が効いたか否かの判断は出来ませんでした。睡眠薬を飲んだのにやはり寝れないと言う焦りだけで改善は出来ませんでした。

ドクターとのやり取りだと効果の有無や副作用の相談が出来るので少しずつ薬を変えながら最良の方法を探ってくれますので精神的にも安心できます。

寝つきが悪いのなら!スマホは持って寝ない

スマートフォンは便利な反面どこにいてもすぐに情報を検索する事が可能です。寝床にいても思い立ったら何か情報を探していると止めどもなく頭を使っています。特に終わりのないSNSやネットのブラウジングは気持ちを開放して寝ようとしている状態に相反して頭をフル回転させてしまします。

ネット依存を解消する

ネット依存症はの方は帰宅したらスマホに触らない癖をつけるべきです。睡眠時の脳波測定をするとすぐわかりますが頭の中が寝る態勢にに入れないので睡眠の天敵となります。

目が冴えて眠れない!テレビを消して音楽を聴く

情報の遮断から

テレビを観ながら寝るという方は多くいますが不眠症になったら視覚からの情報を遮断してください。どうしても落ち着かないなら好きな音楽やラジオを聴きながら寝るのも良いでしょう。特にクラシックにはヒーリング効果やリラックス効果が有るので寝ながら聴くのに最適です。ネットで検索すると安眠する為のクラシックやヒーリング音楽なども数多く探すことが出来ます。

心地よく感じる音階、リズム、ゆらぎ

人間が心地よく感じる音階やリズムそして1/fのゆらぎと呼ばれるリラックス効果の高い波長などが存在するので一度試してみてください。

コーヒーは不眠になる?神経質になる必要はない

日頃から寝酒やコーヒーを飲んでから寝るという方も多いと思います。就寝前に飲むと眠りが浅いとか言われますが適度に飲むのなら問題ありません。

ストレスは少しでも排除

むしろ飲みたいものや食べたいものを我慢しながら寝るというのはストレスになります。なるべく我慢せず、心にストレスを持たせない状態を保つのが重要です。

眠れない事に焦らない!開き直るのも対処法のうち

眠れない眠れないと焦ってしまうと余計に目が冴えてきます。目が冴えると頭が回転し次の日の会議の事や、仕事の段取りなど余計なことを考えてしまいます。更には外が明るくなってくると益々焦りが強くなり布団に横になっている状況では無くなります。

開き直ると楽になる

そんな状況になったときは焦らず寝ないでも良いと開き直る事で精神的には楽になります。とにかく布団でゴロンと横になり目をつぶって静かに深呼吸する事を心掛けましょう。また、チラチラ時計を見るのも不安になるのでやめましょう。

朝の行動を変えてると気分も変わる

最終的に今日は寝れないと判断したら早めに布団から出るのも良いでしょう。

    <いつもの朝の行動と違う動きをしてみる気分を変える>

  • 早朝の電車に乗って出勤してみる
  • 少し手前の駅から歩いてみる
  • 朝のカフェで新聞を読んでみる

ちょっとした朝の行動を変えるだけでも清々しい朝を迎えた気分になれます。とにかく寝れないからと焦ってはいけません。

焦らず気長にという気持ちが不眠症解消の基本

とにかく辛い不眠症。心に余裕を持って焦らず長い目で治療する事が重要です。まず、原因を特定し解決する事が根本的な治療法となります。次の日の事は深く考えずリラックスする工夫をこらす事と、早く寝ないとダメだという義務感を捨てましょう。

不眠症で仕事を辞めるのは最後の手段としてとにかく気持ちに余裕を持てるようになれば自然と症状は解消していきます。寝れないという焦りが最大のストレスになるので不眠症とは気張らず、焦らず付き合ってみてください。

不眠症の辛さから解放されたいあなたへ

寝つきが良くなり睡眠の質を上げる不眠症対策サプリ「北の大地の夢じずく」

毎日しっかり寝たい!」寝れなくて辛いのはあなただけではありません。きっちり睡眠時間をとって休息出来ると、次の日の作業効率が全然違います。夜寝付くことが出来ずに、疲れがたまっていませんか。「北の大地の夢しずく」を飲んで寝つきよく、ぐっすり寝て朝スッキリ目覚めてみませんか?
北の大地の夢じずく」は北海道の大地で眠りのための理想のエキスを使って作られていて、しっかり休息をとることが出来ます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*