ストレスによる睡眠障害!その原因と治療方法とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

睡眠障害はストレスで起こることが多く、様々なストレスによって睡眠に影響を与えることがあります。

ストレスはなぜ睡眠に影響を与えるのか、ストレス性の睡眠障害とどう向き合ったら良いのかについて紹介していきます。

ストレスには物理的なストレスと心理的なストレスがあり、この両面から見ていきます。

物理的なストレスとは

物理的なストレスと言うのは、気温が暑すぎる寒すぎるといった気候によるもの、寝る時に騒音がしてうるさいということ、身体的な痛みやかゆみなどのことを言います。

今はエアコンがあり暑すぎる、寒すぎるといった温度調整をうまくすることができるので、物理的なストレスが原因となっている不眠症は減ってきています。しかし寝る時に車の音がうるさいなどの環境であれば、その環境を調整するようにしましょう。

耳栓をして寝るなどといったことも効果的です。マンションなどでは上の階の人の音によって、うるさくて寝付きにくいということもあります。身体的な痛みやかゆみがある場合には、まずそちらの身体の症状がストレスになっているので、それに対する治療を行い改善していきます。

心理的なストレスとは

現代の睡眠障害の原因となるストレスは心理的なものが大半を占めています。親しい人との死別、天災に見舞われる、失業など様々なストレスを抱えて生きていると、それがストレスとなって寝つきにも影響を与えるのです。

もっと身近なところで人間関係のもつれ、金銭的な不安、将来に対する不安などを抱えていても、寝る時にそれを考えてしまうことによって緊張状態が続くことによって、寝つきが悪くなったり、夜中に何度も目が覚めたりしてしまいます。

心理的なストレスをどうやって解決するかは人それぞれですが、話を聞いてもらうことによって楽になる、自分の趣味に没頭するなどの方法があります。ストレスとうまく向き合って、睡眠障害を解消していく必要があります。

自力でストレスが解消できない場合には

心理的なストレスが自分ではどうしようもないという時には、そのままにしておかずに積極的に治療をしていくことが大事になってきます。

ストレスがかかり続けることによってうつ病などに発展してしまうこともあります。睡眠障害が続く時には早めに総合内科、心療内科などを受診して、睡眠障害の解決を図りましょう。

睡眠薬を処方されるという治療が一般的で、睡眠を確保することによって、また心の状態も違ってきます。睡眠障害が続くと日常生活にも悪影響を及ぼし、昼間の活動のパフォーマンスが下がるなど良いことがありません。

不眠症の辛さから解放されたいあなたへ

寝つきが良くなり睡眠の質を上げる不眠症対策サプリ「北の大地の夢じずく」

毎日しっかり寝たい!」寝れなくて辛いのはあなただけではありません。きっちり睡眠時間をとって休息出来ると、次の日の作業効率が全然違います。夜寝付くことが出来ずに、疲れがたまっていませんか。「北の大地の夢しずく」を飲んで寝つきよく、ぐっすり寝て朝スッキリ目覚めてみませんか?
北の大地の夢じずく」は北海道の大地で眠りのための理想のエキスを使って作られていて、しっかり休息をとることが出来ます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*