目が冴えて眠れない!そんな時は脳も一緒に休められる方法を考えよう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

眠りたいと思っていても、眠る直前にテレビを見ていたり、何か面白いことがあったりすると興奮状態にもなってしまって眠れなくなってしまうということがあるものです。

こういった時は目だけでなく脳も冴えてしまっている、ということがあるものです。ですから眠れるようにするには、目を休ませることと脳を休ませることが必要です。

アイマスクを着用する

目が冴えて眠れないような時は、アイマスクを着用するのも良い方法です。

アイマスクを着用することによって目の前が完全に真っ暗になりますし、目の乾燥を防ぐこともできて良いです。目が冴えて眠れない時というのは液晶画面の見過ぎで目が乾いているということもあるので、そうした目の渇きを癒すためにも効果的です。

また、目を開けていても真っ暗であることから、眠りやすくもなるでしょう。

癒し系の音楽を聴く

目が冴えている時は脳も冴えていることがあるものです。ですから脳を休ませるようにするためにも、目を閉じて癒し系の音楽を聴くようにすると良いです。

癒し系の音楽は川の流れや小鳥のさえずりなどがありますが、微かに聞こえる程度になるのでうるさくも感じないでしょう。目が冴えて眠れない時は、耳から聞こえる音楽で脳を休ませることで眠れる状態を作っていくと良いでしょう。

明日の朝の準備をする

目が冴えて眠れない時は、明日の朝準備することを、眠れない時間を使ってやっておくというのも良いです。朝食の準備をしておいたり、洗濯を済ませておくことで翌日の朝はいつもよりものんびりすることができますから、目が冴えているということがプラスにも感じられるでしょう。

目が冴えて眠れないと、早く眠らなければいけないというプレッシャーが強くなってしまいますが、朝の準備をしておくことでそういったプレッシャーも感じなくすることができるでしょう。

暖かいものを目にあてるようにする

目が冴えて眠れない時というのは目が疲れてしまっているということがあります。ですからやけどしない程度に温めたタオルやカイロで目の周辺を温めてみましょう。軽く充血状態になっていても血の循環を良くすることで改善することができるものです。

また、目からじんわりと温かさを感じることで心もほんのりと癒されるようになるものです。暖かい飲み物を持った手で、目に触れてみても良いでしょう。

不眠症の辛さから解放されたいあなたへ

寝つきが良くなり睡眠の質を上げる不眠症対策サプリ「北の大地の夢じずく」

毎日しっかり寝たい!」寝れなくて辛いのはあなただけではありません。きっちり睡眠時間をとって休息出来ると、次の日の作業効率が全然違います。夜寝付くことが出来ずに、疲れがたまっていませんか。「北の大地の夢しずく」を飲んで寝つきよく、ぐっすり寝て朝スッキリ目覚めてみませんか?
北の大地の夢じずく」は北海道の大地で眠りのための理想のエキスを使って作られていて、しっかり休息をとることが出来ます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*