不眠症でカフェイン摂りすぎの人は注意!カフェインに頼らない生き方の勧め

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

不眠症で悩んでいる人は多いですが、そのような人の中で、コーヒーや紅茶などカフェインの入った飲み物が好きな方も多くいます。つい癖になって、水のようにがぶ飲みしてしまうこともあります。

カフェインは、取り過ぎると眠れなくなるとはよく言いますが、実際にどのくらい睡眠に影響するのでしょうか。カフェインとの上手な付き合い方について考えてみましょう。

取り過ぎると不眠に!カフェインの体に与える影響とは

カフェインを摂取すると体にどのような変化が生じるのでしょうか。

カフェインを取り過ぎると不眠になる

カフェインは一日に多く摂取すると夜中に目を覚ますことが多くなります。カフェインには覚醒作用があるからです。そのほか、利尿作用もあり、夜中にトイレに行きたくなります。

カフェインの体への影響

カフェインを摂取して30分くらい経つと、効き始めます。カフェインの覚醒作用の効果が出始めるのです。そして、その効果は4時間から6時間持続します。夕食以降にコーヒーなど飲むと眠れなくなることがありますので注意が必要です。

取りすぎ注意!知らない間に過剰摂取になる

では、どのような飲み物、食べ物にカフェインは多く含まれているのでしょうか。

身の回りにあふれているカフェイン

一番多いのは玉露です。玉露を一杯飲むと大量にカフェインを摂取することになります。そのほか、有名なのがコーヒーですが、エスプレッソコーヒーは特に多いです。

コーヒーはレギュラーコーヒーよりも、インスタントの方が少ないです。そのほかにも、紅茶、緑茶、コーラ、栄養ドリンク、ほうじ茶、番茶、ウーロン茶にも含まれています。

意外なところでは、ココアやチョコレートにも含まれています。このような食品は毎日摂取していますが、知らない間にカフェインの過剰摂取になっているかもしれません。

中毒になると禁断症状が起きる

コーヒーなどカフェインを多く含む飲み物や食べ物を多く摂取すると、中毒になります。その症状としては、慢性の頭痛、イライラや不安状態、などありますが、不眠になるというのも挙げられます。

コーヒー好きの方注意!飲み方に気を付けよう

では、どのようにコーヒーなどカフェインを含む飲みもの、食べ物と付き合えばよいのでしょうか。

カフェインカットをしよう

コーヒーなどカフェインが入った飲み物は、とにかく癖になってしまいます。不眠が気になっており、もし一日に何杯もコーヒー等飲む方は、最低でも一週間以上はカフェインカットの日数を取りましょう

我慢ならないかもしれませんが、安眠を手に入れるためです。なんとか我慢しましょう。

中毒にならない飲み方

自分の中でカフェインが抜けたと実感できるまでは、やめておいた方が良いです。一週間、または半月くらいかかるかもしれません。その後は少しづつ飲み始めてもいいです。

午前中に1杯くらいから始めます。インスタントコーヒーでも一日に2杯くらいにしておきましょう。夕方以降は、カフェイン入りの飲み物は禁止します。

今日からできる!カフェインに頼らない生き方

カフェインには、覚醒効果のほか、疲労回復効果、鎮痛効果など、いろいろな効果があります。それでも、不眠になってしまう可能性もあります。カフェインに頼らない生活も必要です。

カフェインを含まない飲み物を選ぶ

多くの飲み物にカフェインが含まれています。身の回りにはカフェイン入りの飲み物であふれていますが、それに頼らない生き方を選びます。それが安眠を得るためならば、そのように生きると自覚を持つことができます。

例えば、お茶はカフェインを含まない麦茶にするとか、飲み物はミネラルウォーターに統一するとかです。もし、それだけでは味気ないのなら、カフェインレスのコーヒーを飲みましょう。

紅茶好きの方は、カフェインレスのハーブティーに替えてみます。そのような飲み物を積極的に取るように心がけましょう。

見直そう!カフェイン以外にもある刺激物

カフェインは不眠症の原因となる一つの要素ですが、それ以外にも不眠につながる要素があります。それらの要素が複雑に絡み合って不眠になるのです。

酒、タバコによる刺激

酒やタバコも睡眠への悪影響があります。寝酒は、一時的に寝つきが良くなるかもしれませんが、深い眠りにつくことはありません。酔いが醒めたら目も冴えてしまいます。酒の利尿効果により、トイレに行きたくなります。

また、タバコにはカフェインと同じように覚醒作用があります。タバコを吸っている人は、不眠傾向にあります。

不眠症とカフェインの関係!まとめ

  • カフェインは取り過ぎると不眠につながります。注意しましょう。
  • コーヒー、紅茶、お茶、コーラなど、身の回りにはカフェイン入りの飲み物であふれています。知らない間に過剰摂取になります。
  • カフェイン中毒気味で不眠に悩んでいる方は、カフェインをカットする習慣をつけましょう。
  • カフェインに頼らない生き方を見つけましょう。
  • カフェイン以外にも、酒やタバコも睡眠に悪影響が出ます。不眠に悩んでいる人は、一度生活習慣全般を見直しましょう。

日常のストレスなどから、ついついコーヒーなどカフェイン入り飲み物を取り過ぎてしまうことも多いです。ストレス過多になればそれだけで不眠の原因になるのに、カフェイン中毒になったらますます不眠になります。

ストレスをためない事が一番ですが、それもままならない世の中です。過剰なカフェイン摂取には注意しましょう。一日に5杯とかコーヒーを飲んでいる人は、生活習慣を見直す必要があります。

不眠症の辛さから解放されたいあなたへ

寝つきが良くなり睡眠の質を上げる不眠症対策サプリ「北の大地の夢じずく」

毎日しっかり寝たい!」寝れなくて辛いのはあなただけではありません。きっちり睡眠時間をとって休息出来ると、次の日の作業効率が全然違います。夜寝付くことが出来ずに、疲れがたまっていませんか。「北の大地の夢しずく」を飲んで寝つきよく、ぐっすり寝て朝スッキリ目覚めてみませんか?
北の大地の夢じずく」は北海道の大地で眠りのための理想のエキスを使って作られていて、しっかり休息をとることが出来ます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*