快眠できないのはなぜ?やってみたい5つの快眠法とは!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

最近、ぐっすりと眠れていますか?人は皆、暑さや寒さや物音など外部の環境によって睡眠の質に影響が出ますよね。睡眠は量も大切ですが、本当に質の良い睡眠をとることも大切ですね。
ここでは、質の良い睡眠をとるための快眠法についてお伝えします。

香りは睡眠を左右する!快眠を導く匂いとは

人間誰でも好きな香りや嫌な香りがありますが、ここでは快眠に有効な香について考えます。

定番の香りラベンダー

アロマオイルには沢山の種類がありますが、その中には快眠の手助けをしてくれるものもあります。その代表がラベンダーです。ラベンダーの香りには酢酸リナリルという成分が含まれています。

その香りの成分が交感神経の興奮をおさえ、人を安眠に導いてくれます。その効果の高さから、最近では医療施設や介護施設でも利用されています。初心者にも扱いやすいアロマオイルなのでお勧めします。

アロマオイルを使うのは知識がいりますし、いろいろと器具を買わないといけませんが、一番簡単な方法は、コットンに2滴ほどラベンダーオイルをたらして枕元に置くだけです。これなら簡単でしょう。

眠れないと悩んでおられる方はぜひやってみてください。

玉ねぎの香りが安眠を誘う

玉ねぎというと、目を刺すような強いツンとした香りがありますが、実はあの匂いの中には人を安眠に導く成分が含まれています。硫化アリルという揮発性の成分ですが、この成分が実は効果的なのです。

ヨーロッパでは古くから安眠のために玉ねぎを使っているのですが、あの匂いが気にならない方ならお勧めします。方法は簡単、生のスライス玉ねぎを何枚か枕元に置くだけです。肝心なのは生のまま使うということです。

コーヒーも香りだけなら安眠に効果的

コーヒーというとカフェインの影響で安眠を妨げる飲み物として有名ですが、実はコーヒーの香りにはリラックス効果があります。コーヒーの香りをかいでいるときの脳波を調べるとあるアルファ波が多く出ています。

なので、香りをかぐだけならコーヒーもお勧めです。種類にこだわるならグアテマラかブルーマウンテンをお勧めします。アルファ波が多く出ます。逆にマンデリンやハワイコナはアルファ波を減らしますので不向きです。

呼吸法で睡眠を改善!安眠できる呼吸法とは

ヨガや瞑想法などで大切な呼吸法ですが、安眠にも効果があります。

やってみたい4・7・8呼吸法

一分で眠れると評判の呼吸法が4・7・8呼吸法です。その方法とは

  • 口を閉じて4つ数えながら鼻から息を吸い込みます
  • それから7つ数えながら息を止めたままにします
  • 最後に8つ数えながら口から息を吐きます

これを繰り返すだけでリラックスして安眠に結びつきます。このような一連の動作を三回すると一分くらいかかります。体の隅々まで酸素が行き渡る気持ちになります。とてもリラックス効果が高いです。

眠る前の布団の中でやってみてください。

片鼻呼吸法というのもあります

ヨガの呼吸法に片鼻呼吸法というのがあります。実は人間は一定の時間ごとに片鼻ずつ呼吸をしているのです。そうすることで片方の鼻を休ませているのですが、それを意識的に行うことでリラックス効果が高まります。

方法は簡単です。指で片鼻を抑えて交互に深呼吸をするというものです。大切なのは意識的に鼻でゆっくり息をするということだけ。ただそれだけなのでやってみる価値はありますね。

ストレッチで安眠!簡単にできる寝る前ストレッチ

眠る前にストレッチをするのも安眠に効果があります。寝る前、布団の上でストレッチをしましょう。

ストレッチの効果は絶大

体を適度に動かすために、血流が上がり、体温が上がります。眠る前に体温を上げることは、安眠にとってとても重要です。体がこわばったままだと、血流が悪く、体の中の疲労物質が溜まったままになってしまいます。

特に冬など、お風呂に入っても、寝る前になると体が冷えてしまうこともありますね。なので、眠る前のストレッチは効果的なのです。

大の字になって伸びをするだけでも効果あり

ストレッチなど面倒だ、と思われている方にお勧めなのが、ただ大の字になって体を伸ばすという方法です。体を大の字にして、思いっきり伸ばします。もうこれ以上伸びないというところでふっと力を抜きます。

実はこの動作、力を思いっきり入れて、それから抜くというのは、リラックスするために大切なことなのです。人は知らぬ間に体の一部に力が入ったままでいることが多いのです。それを意識的に和らげるのが大切です。

あなたは真っ暗派?それとも豆球派?ぐっすり眠れるあかりとは

あかりと睡眠も関係があると言われていますね。安眠のためにはあかりは必要なのでしょうか。不要なのでしょうか。

実は真っ暗だと寝にくかったりします

大昔、人は外敵から身を守るために火をともして寝ていました。あかりのもとで眠るというのは、昔からやっていた自然な行為なのです。

今はアイマスクや遮光カーテンなど、人工的に真っ暗にすることもできますが、外では満月で明々としていたりします。真っ暗というのは実は不自然なものなのです。真っ暗だとかえって緊張したり、不安になったりします。

豆球でも直接目に光が入って気になるという方は、間接照明を利用しましょう。

お風呂の入り方も注意!快眠できる入浴法とは

お風呂も快眠の手助けになりますね。でも、入り方も要注意が必要です。快眠できる入浴法について考えます。

入浴はぬるめのお湯で

湯加減は38度から40度くらいまで。あまり暑い感じはしませんが、快眠のためにはそのくらいがちょうどいいです。あまり暑すぎると交感神経が優位に働いてしまいますので、安眠にはつながりません。

あまりぬるい湯は嫌いという方は、寝る3時間前くらいまでには入浴を済ませてしまいましょう。人は一度体温が上がってから下がる途中で眠気が出てきます。体がほてりやすい方は早めにお風呂に入りましょう。

逆に体が冷えやすい方は眠る直前にお風呂に入ればいいのです。そのように自分の体の具合に合わせて入浴を調整したらよいです。

睡眠に不安がある方向け、安眠法!まとめ

  • 安眠に効果がある香りを使ってみましょう。人には好みがありますが、自分に最適なものを見つけましょう。
  • 入眠を促す呼吸法を実践してみましょう。必ず安眠できます。
  • 寝る前にストレッチをしてみましょう。大の字になって伸びをするだけでも効果大です。
  • 寝室のあかりにも注意が必要です。真っ暗よりも豆球にしてみましょう。
  • 自分に合った最適な入浴法を見つけてみましょう

睡眠の質に問題がある方、眠りが浅かったり、寝つきがわるかったりといろいろと大変ですが、ここに提案させていただいた方法を試してみてください必ず睡眠の質が上がりますよ。

再び安眠の日々を手に入れて、厳しい現代社会を乗り切りましょう。

不眠症の辛さから解放されたいあなたへ

寝つきが良くなり睡眠の質を上げる不眠症対策サプリ「北の大地の夢じずく」

毎日しっかり寝たい!」寝れなくて辛いのはあなただけではありません。きっちり睡眠時間をとって休息出来ると、次の日の作業効率が全然違います。夜寝付くことが出来ずに、疲れがたまっていませんか。「北の大地の夢しずく」を飲んで寝つきよく、ぐっすり寝て朝スッキリ目覚めてみませんか?
北の大地の夢じずく」は北海道の大地で眠りのための理想のエキスを使って作られていて、しっかり休息をとることが出来ます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*