寝ようと思っても寝られない!仕事のストレスが原因で不眠症に 男性 30歳 T.N.さん

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

今までは、いつも通りの時間に7時間くらいは寝れていたのに、だんだんと寝る時間がなくなってきてしまった。

そんな風になってしまって、一時は自分が嫌になったくらいですが、何とか不眠症を克服した経験についてお話します。

きっかけは仕事のストレス

不眠症になったきっかけは、仕事のストレスが原因だと思います。仕事について、必死になって毎日勉強しながら仕事内容を覚えようとしていましたが、なかなかあれもこれも満足がいくようなケースがなかったものです。

また、仕事についても些細なミスやちょっとした気に入らないことで上司から叱責をされていましたので、だんだんと悩みが多くなり頭があまりよく回らなかったり、仕事上の疲れがだんだんと溜まってきてしまいました。

不眠症の治療に至るまで

なんとか、仕事で頑張ろうと必死になってやっていました。それでもうまくいかず、睡眠時間が減っていき、寝ようと思っても寝られなくなってきました。

寝ようと思っても寝られず、疲れが翌日にまでたまっていき、また失敗などの繰り返しが増えていっての悪いサイクル。

寝られないことにより余計に疲れがたまってしまって体が毎日重かったのと、イライラなどが募りすぎてしまって人格が危なくなりかけていました。

そんなのが2か月ほど続いたので、さすがにまずいと思って暇なときに病院を訪れることにしました。

不眠症の治療と治るまで

不眠症の治療は薬が多く、最初はいろいろなものを試してみることを医者と相談しながら選択してみました。

なかなか効かないものもありましたが、その中で薬として効いたものとしてはベンゾアゼピン系の薬が効果が出たので、それを中心に投薬治療をしていきました。仕事の不安が大きかったので、この薬の効果が一番出たのかと感じています。

後は、職場環境を変えたのもよかったと思います。さすがにあの環境のままでは体に悪すぎましたので、治療中に職場を変えました。

変わったところはかなり働きやすかったものですから、ストレスは前よりも軽減されました。完治するまでに半年かかりましたが、今は何とかやれているのでよかったです。

不眠症の辛さから解放されたいあなたへ

寝つきが良くなり睡眠の質を上げる不眠症対策サプリ「北の大地の夢じずく」

毎日しっかり寝たい!」寝れなくて辛いのはあなただけではありません。きっちり睡眠時間をとって休息出来ると、次の日の作業効率が全然違います。夜寝付くことが出来ずに、疲れがたまっていませんか。「北の大地の夢しずく」を飲んで寝つきよく、ぐっすり寝て朝スッキリ目覚めてみませんか?
北の大地の夢じずく」は北海道の大地で眠りのための理想のエキスを使って作られていて、しっかり休息をとることが出来ます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*