不眠症問題研究所

「不眠症問題研究所」へようこそ。

不眠症とは寝つきが悪い、眠りを維持できない、早く目が覚めるなど眠りが浅く、「充分眠った感じがしない」などの症状が続くものです。

また、ひとくちに「不眠」といってもその症状は人によって違います。

不眠症とは

よく眠れないために、日中でも眠気を引き起こし、注意力が散漫したり、疲れなどの体調不良も起きてくる病気です。日本では5人にひとりの症状で、このような不眠症に悩まされています。

20~30代からはじまって、年齢とともに増加傾向があります。また、中年や老年期にも急激に増加するものです。どちらかといえば、男性よりも女性に多い症状です。

不眠症のタイプ別

不眠症をタイプ別にわけてみると

  • 入眠困難タイプ~床についてからなかなか眠りにつけない
  • 中途覚醒タイプ~翌朝気象するまでに何回も目が覚めてしまう
  • 早朝覚醒タイプ~希望する時刻やその何時間も前に目が覚めるタイプ
  • 熟眠障害タイプ~眠りが浅く、睡眠時間のわりには熟睡した実感がない

など、以上のタイプがありますが、これらは同時に複数あらわれることがあります。

不眠症の原因

不眠症にはさまざまな原因があります。その種類では

  • 環境の要因~時差がある場合。枕が変わる。暑さや騒音。明るさなど。
  • 身体的要因~年齢や性差、頻尿、痛み、かゆみなど。
  • 心の要因~悩み、イライラ、極度の緊張からの精神的なストレス、睡眠に対するこだわり。
  • 生活習慣要素~アルコールやニコチン、カフェイン、薬の副作用、運動不足など。

不眠をはじめ、睡眠障害を引き起こす原因としては人によってもさまざまです。似たような症状でも原因によって治療や対処法がまったく違う場合があります。

「最近よく眠れているのにすっきりしない」または、「よく眠れない」などと感じることがあれば、根本的な原因が何なのかを知ることがとても大切になってきます。

代表的な睡眠障害では

  • 不眠症
  • 過眠症
  • 概日リズム睡眠障害
  • 睡眠呼吸障害
  • その他の睡眠障害
  • 身体疾病
  • 身体疾病や精神疾患に合併した不眠

など、睡眠障害にはいろいろな症状と原因があります。

過眠症とは?

過眠症とは夜眠っているにもかかわらず、日中に強い眠気を生じるもので起きていることが困難な状態を引き起こします。

概日リズム睡眠障害とは?

概日リズム睡眠障害とは昼夜のサイクルと体内時計のリズムが合いません。社会活動に困難をきたすような睡眠障害のことをいいます。倦怠感や食欲不振など身体的、精神的にも症状が出現することがあります。

睡眠呼吸障害とは?

睡眠呼吸障害とは睡眠中に異常な呼吸を示す病態のことです。代表的なものは、睡眠時無呼吸症候群で睡眠中に何度も呼吸がとまったりします。

ほかにも「むずむず脚症候群」「周期性四肢運動障害」「睡眠時随伴症(夢遊病など)」があります。

当サイトではたくさんの不眠症解消方法や不眠症を克服した体験談を紹介していますので参考にしてください。

不眠症の辛さから解放されたいあなたへ

寝つきが良くなり睡眠の質を上げる不眠症対策サプリ「北の大地の夢じずく」

毎日しっかり寝たい!」寝れなくて辛いのはあなただけではありません。きっちり睡眠時間をとって休息出来ると、次の日の作業効率が全然違います。夜寝付くことが出来ずに、疲れがたまっていませんか。「北の大地の夢しずく」を飲んで寝つきよく、ぐっすり寝て朝スッキリ目覚めてみませんか?
北の大地の夢じずく」は北海道の大地で眠りのための理想のエキスを使って作られていて、しっかり休息をとることが出来ます。

不眠症で仕事を辞めたいという前に!開き直って気長に解消!

人間は人生の三分の一を睡眠時間に充てています。寝ることは体の疲れを回復させるとともに悩んでいた事やモヤモヤした気持ちをリセットさせる心の回復にも大きく貢献しています。

さて、毎日当たり前のように寝ている人が急に寝れなくなったらどうなるでしょか?次の日は心身ともに辛い状態で一日過ごさなければなりません。

その状況が長期間続くと集中力が大きく低下し仕事もやる気を無くし、気持ちもどんどん鬱になり何事にもやる気がおきなくなります。そして多くの人が会社を休みたくなったり、不眠症が原因で仕事を辞めたいと考えます。もし不眠症になったら次の事を参考にして焦らず症状改善をしてください。

続きを読む

ぐっすり眠れないとどうなる?睡眠不足が招く危険な症状!

近年、睡眠に問題を抱えている人が増加しています。ライフスタイルの多様化や多忙に過労などといったストレスにさらされることで睡眠不足になったりぐっすり眠れなくなったりするのです。

現代社会では睡眠の優先度が低くなり、ついつい軽く考えがちになっています。しかし十分な睡眠が得られない状態が続くことはとても危険なことなのです。

ぐっすり眠れないと人間の心や体はどうなってしまうのでしょうか?

続きを読む

眠りが浅いのも不眠症の一種!熟眠障害・中途覚醒とは?

眠りが浅いことで悩まれている方は多くいます。睡眠によって十分に疲労が回復しないため、朝起きてもだるさが残っていたり、日中の活動性が低下したりと辛い症状に悩まされることになります。

実はそれも不眠症の一種なのはあまり知られていません。不眠症というと「眠ること自体ができない」と考える人も多いですが、十分な睡眠が得られないことはすべて睡眠障害と捉えることができるのです。

眠りが浅いというのはどのタイプの不眠症なのでしょうか?

続きを読む

眠っているのに寝た気がしない!気付きにくい熟眠障害とは?

睡眠時間は充分なはずなのに寝た気がしない。朝目覚めても疲れが残っている。日中も眠気を感じる。このような場合、熟眠障害の可能性があります。

人間の体は睡眠中に疲労の回復行っています。しかし熟眠障害になると、睡眠時間自体は確保できているにもかかわらず、睡眠の質が低下してしまいます。そのため疲労回復が十分ではないまま翌朝をむかえることになるのです。

今回は隠れ不眠ともいえる熟眠障害について解説します。

続きを読む

ぐっすり眠る方法はあるの?眠れない原因と効果的な対処法3選!

眠りとは人間が生きていくうえで欠かすことのできない行為のひとつです。質の良い十分な睡眠によって心身の疲労を回復し、健康を保つことができます。

ですから十分に睡眠を確保できない状態では心や体は知らず知らずダメージを蓄積していきます。そしてやがて病という形に変わり私たちを襲います。

眠れないという悩みを抱える人が増加している現代社会。ぐっすり眠る方法について考えてみます。

続きを読む

寝つきが悪い!2週間以上続くなら不眠症の可能性も!

ベッドに入ってもなかなか寝付けない。誰しもが一度は経験することです。試験や会議、デートの前の日や大きな失敗のあった日など、一時的に眠れなくなるのはごく自然な現象であり異常ではありません。

ですが寝つきが悪い状態が2週間以上も続いている場合は黄色信号です。もしかすると入眠困難というタイプの不眠症になってしまっている可能性があります。

続きを読む

眠れないのはなぜ?つらい不眠症の種類と症状を解説!

睡眠は心と体の健康維持には欠かすことができません。食欲と同様に人間の根源的な欲求のひとつですから、十分な睡眠が確保できないことは非常に大きなストレスとなるのです。

一般に眠れない状態のことを不眠症と言います。不眠症の中にはいくつか種類があり、「眠れない」タイプによってそれぞれ効果的な薬が異なってきます。

あなたの「眠れない」はどのタイプですか?

続きを読む

寝付けないタイプの不眠症に効果を発揮!マイスリーってどんな薬?

不眠症の中でも割合が一番多いのが入眠困難です。入眠困難とはベッドに入ってもなかなか寝付けない症状のことで、不眠を訴える患者の中でも若年層に多いのが特徴です。

寝つきが悪い場合に処方されるのが睡眠導入剤です。これは(超)短時間型の睡眠薬とも呼ばれ、即効性があり効果の持続時間が短いのが特徴です。

代表的なものにはハルシオンやマイスリーなどがあります。今回は非ベンゾジアゼピン系睡眠導入剤であるマイスリーの効果や副作用などについて紹介します。

続きを読む

睡眠薬をやめたい!離脱症状に苦しめられない上手な断薬方法とは?

不眠症の大きな助けになるのが睡眠薬です。睡眠が十分でないと、心や体に様々な不調が現れるようになります。不眠症の改善方法には薬物に頼らない方法もありますが、まずは十分な睡眠を確保し、心身の不調を改善するためにも睡眠薬の使用には意義があります。

しかし、いつまでも睡眠薬に頼り続けることはできません。いつかは自力で睡眠のリズムを確立し睡眠薬から卒業しなくてはなりません。

今回は睡眠薬をやめたいと考える人のために、離脱症状に苦しめられない上手な断薬の方法を解説します。

続きを読む

睡眠薬服用時の注意したい副作用は5つ!こんな症状が出たら医師に相談を!

寝付けない、夜中に目が覚めるなどの不眠症に対して処方されるのが睡眠薬です。睡眠薬というと歴史上の人物などが服薬自殺を図ったことなどもあり「怖い」というイメージが付きまとっています。

確かに睡眠薬には副作用があります。ですが、副作用を持つのは睡眠薬に限った話ではありません。現在主流となっている睡眠薬は安全性が非常に高くなっています。睡眠薬=危険という認識はすでに過去のものなのです。

ですが睡眠薬には注意しなければならない副作用がいくつか存在します。それは主に5つあります。

続きを読む