不眠症問題研究所

「不眠症問題研究所」へようこそ。

不眠症とは寝つきが悪い、眠りを維持できない、早く目が覚めるなど眠りが浅く、「充分眠った感じがしない」などの症状が続くものです。

また、ひとくちに「不眠」といってもその症状は人によって違います。

不眠症とは

よく眠れないために、日中でも眠気を引き起こし、注意力が散漫したり、疲れなどの体調不良も起きてくる病気です。日本では5人にひとりの症状で、このような不眠症に悩まされています。

20~30代からはじまって、年齢とともに増加傾向があります。また、中年や老年期にも急激に増加するものです。どちらかといえば、男性よりも女性に多い症状です。

不眠症のタイプ別

不眠症をタイプ別にわけてみると

  • 入眠困難タイプ~床についてからなかなか眠りにつけない
  • 中途覚醒タイプ~翌朝気象するまでに何回も目が覚めてしまう
  • 早朝覚醒タイプ~希望する時刻やその何時間も前に目が覚めるタイプ
  • 熟眠障害タイプ~眠りが浅く、睡眠時間のわりには熟睡した実感がない

など、以上のタイプがありますが、これらは同時に複数あらわれることがあります。

不眠症の原因

不眠症にはさまざまな原因があります。その種類では

  • 環境の要因~時差がある場合。枕が変わる。暑さや騒音。明るさなど。
  • 身体的要因~年齢や性差、頻尿、痛み、かゆみなど。
  • 心の要因~悩み、イライラ、極度の緊張からの精神的なストレス、睡眠に対するこだわり。
  • 生活習慣要素~アルコールやニコチン、カフェイン、薬の副作用、運動不足など。

不眠をはじめ、睡眠障害を引き起こす原因としては人によってもさまざまです。似たような症状でも原因によって治療や対処法がまったく違う場合があります。

「最近よく眠れているのにすっきりしない」または、「よく眠れない」などと感じることがあれば、根本的な原因が何なのかを知ることがとても大切になってきます。

代表的な睡眠障害では

  • 不眠症
  • 過眠症
  • 概日リズム睡眠障害
  • 睡眠呼吸障害
  • その他の睡眠障害
  • 身体疾病
  • 身体疾病や精神疾患に合併した不眠

など、睡眠障害にはいろいろな症状と原因があります。

過眠症とは?

過眠症とは夜眠っているにもかかわらず、日中に強い眠気を生じるもので起きていることが困難な状態を引き起こします。

概日リズム睡眠障害とは?

概日リズム睡眠障害とは昼夜のサイクルと体内時計のリズムが合いません。社会活動に困難をきたすような睡眠障害のことをいいます。倦怠感や食欲不振など身体的、精神的にも症状が出現することがあります。

睡眠呼吸障害とは?

睡眠呼吸障害とは睡眠中に異常な呼吸を示す病態のことです。代表的なものは、睡眠時無呼吸症候群で睡眠中に何度も呼吸がとまったりします。

ほかにも「むずむず脚症候群」「周期性四肢運動障害」「睡眠時随伴症(夢遊病など)」があります。

当サイトではたくさんの不眠症解消方法や不眠症を克服した体験談を紹介していますので参考にしてください。

不眠症の辛さから解放されたいあなたへ

寝つきが良くなり睡眠の質を上げる不眠症対策サプリ「北の大地の夢じずく」

毎日しっかり寝たい!」寝れなくて辛いのはあなただけではありません。きっちり睡眠時間をとって休息出来ると、次の日の作業効率が全然違います。夜寝付くことが出来ずに、疲れがたまっていませんか。「北の大地の夢しずく」を飲んで寝つきよく、ぐっすり寝て朝スッキリ目覚めてみませんか?
北の大地の夢じずく」は北海道の大地で眠りのための理想のエキスを使って作られていて、しっかり休息をとることが出来ます。

不眠症対策にはサプリが良い!北の大地の夢しずくは効果抜群! 男性 29歳 F.T.さん

不眠症には長年悩まされてきました。いろいろ対策を調べてみたものの、自分にフィットしたものがありませんでした。

でもどうにかしたいと考えて、北の大地の夢しずくを利用してみたところ、一気に不眠症が改善しました。

不眠症には十年以上悩まされてきました

不眠症が始まったのは高校生の頃です。受験勉強で夜遅くまで起きていることが多く、眠気に負けまいとコーヒーを多飲していました。おかげで、成績は向上したのですが、なかなか眠れなくなりました。

昼間に強烈な眠気が襲ってくることはもちろんのこと、朝起きれずに遅刻することも増えました。高校生の頃はまだよかったのですが、大学時代のバイトや社会人になってからも同様の症状が続いていました。

特に社会人になってからは業務に集中することができず、うたた寝してしまうこともあり、周囲から冷たい目で見られていました。

対策を調べてみたものの、できないものが多かった

不眠症対策でよく言われるのが、生活リズムの改善です。生活リズムを整えれば自然と治るとのことですが、仕事上、残業が多い上に接待も頻繁にあります。

そのため、食事は夜遅い上に時間もバラバラでした。接待では酒とたばこは付きものですから、それも夜遅くまでやっていました。軽い運動を行う、といってもその時間がありませんでしたし、朝早く夜遅くの内勤業務で太陽の光を十分に浴びることもできません。

できたことといえば、コーヒーを控えることくらいです。でも、あまり効果は見られませんでした。

睡眠薬を使うのは怖い。だからサプリにしました

病院に行って睡眠薬をもらうことには抵抗がありました。友人が睡眠薬に依存しており、その副作用で毎日の脱力感に悩まされていたからです。

もっと依存性が低くて気楽に飲めるものはないかと探していた時、偶然ネットで見かけたのが北の大地の夢しずくでした。北の大地の夢しずくは薬ではなく健康食品サプリなので、依存性がないとのことで興味を惹かれました。

この時点ではまだサプリの効果に対して半信半疑だったので、他のサプリも確認して一番安いものを使おうと考えていました。北の大地の夢しずくは一月分で3000円ぐらいで一番安かったので、購入することにしました。

一か月飲み続けて効果を実感しました

やったことは毎日、就寝前に3粒飲むだけでした。最初こそ効果を実感できませんでしたが、だんだんと布団に入ってから眠りに落ちるまでの時間が短くなってきた気がしました。

飲み始めて二週間ほど経つと、昼間に眠気を感じなくなり、業務中にウトウトすることが少なくなりました。飲み続けて一か月もすると、不規則な生活のままでもちゃんと眠ることができたし、起きた時には今までにないくらい頭がすっきりとしていました。

実際に効果を感じられたので、今では北の大地の夢しずくを定期購入して、使い続けています。

薬の減薬、絶薬をサポートできるサプリ!?北の大地の夢しずくの効果は? 女性 34歳 S.K.さん

約半年前のことですが、夫婦関係や子どものことで悩みが相次ぎ、次第に眠れない夜を過ごすことが増えてきました。

寝つきが悪いのに加え、少し眠れても夜中に何度も目が覚めてしまう、そしてそのまま眠れないなどの症状が続き、昼間は常に寝不足で辛い日々でした。

内科で安定剤をもらうと眠りは改善されましたが、飲み続けることは不安でサプリメントを試してみたときの体験談です。

安定剤の減薬補助としてのサプリメントを使用

なかなか眠れない、眠りが浅い、中途覚醒など眠りについての問題を自覚したのは、眠れくなり1週間くらい経ってからでした。

昼間には事務のパートをしているのですが、書類作成のミスが続いたり、パートの仲間から「眠そうだね」と言われたりしたことから、状態を放置できないと思い、普段風邪などでかかっている内科のクリニックに相談してみました。

そこで睡眠薬ではないけれど、鎮静効果の高い安定剤を処方していただきました。服用するとその日から効果が現れぐっすり眠ることができました。しかし1か月くらい経ったころ、試しに飲まないでみるとやはり全く眠れないのです。

薬に依存するようになっては不安なので、医師に相談したことろ「就寝前に1錠では依存性は出にくいけれど、様子を見ながら半分などに減らしていくと良い」とアドバイスされました。

半分にしてみると若干眠つきは悪くなりましたが効果は感じられました。それで減薬、絶薬していくための補助としてサプリメントを試してみようと考えました。

効果が実証されているバーブである北の大地の夢しずくを試す

ネットで不眠症に効果のあるサプリメントを検索してみると様々なタイプのものがあり、その中で気になったのが「北の大地の夢しずく」でした。

北の大地の夢しずくはサプリですが、安定剤や睡眠薬に含まれる鎮静成分と似た成分が含まれ、作用の仕方も同じだということでした。

サプリメントではありますがしっかりと効果が実証されているので、薬を減らしていくときの補助になると考えました。北の大地の夢しずくはネットで買えるので購入してみましたた。

届いて早速サプリメントを飲み、そして安定剤は半錠にしてみました。初日は寝つきの悪さは残りましたが、翌日に影響のない程度には眠れました。それを1週間続けたのち、次は薬を1/3に、そして1/4に減らしていきました。

薬を減らすとやはり寝つきが悪かったり、中途覚醒はありましたが、眠れなくて辛いというほどの症状はなくなりました。

北の大地の夢しずくで安定剤の減薬に成功

北の大地の夢しずくを飲み、薬を1/4に減らしたころ、徐々に薬を飲まなくても北の大地の夢しずくのみでれる日も増えてきました。

そのうち北の大地の夢しずくのみではなかなか眠れないときにだけ薬を1/4錠追加するという形になり、一か月を過ぎることには薬を飲むことはほとんどなくなりました。北の大地の夢しずくはその後も続けていましたが、最近では眠つきが悪かったり、翌日のためにぐっすり眠りたいときにだけ、北の大地の夢しずくを飲むことにしています。

結果として北の大地の夢しずくのおかげで安定剤の絶薬に成功でき、その後は睡眠サプリとして活躍してくれているのでとても満足しています。

自分の体験から北の大地の夢しずくは不眠症のサプリメントとしても、また睡眠薬、安定剤を服用していて、減薬、絶薬していきたいと考えている方にもおすすめできます。

サプリメントでも十分に改善できた!睡眠障害克服方法について 男性 34歳 T.K.さん

私は幼いころから入眠障害を抱えていましたが、社会人になってから交代勤務のある仕事をするようになってからは、入眠障害に加えて中途覚醒や熟眠障害など複数の睡眠障害が出るようになりました。

しかし睡眠導入剤を服用することについては、副作用の面から抵抗があったのでサプリメントでいいものはないかと思っていたところ、「北の大地の夢しずく」が睡眠障害にいいと聞いていたので服用してみることにしました。

突然症状が悪化!きっかけは部署の異動でした!

私は社会人になってから、交代勤務のある仕事に就いていました。正直なところ睡眠リズムが崩れるということに不安を関していたので、交代勤務のある仕事には就きたいとは思っていなかったのです。

しかし当時は未曽有の不景気であり、特に資格や技術を持たない私が就ける職場は限られていたので睡眠障害が悪化することを覚悟でした。

案の定、最初から夜勤明けはひどく疲労感を覚えることが多かったのですが、途中で人間関係の悪い部署に異動になってから突然睡眠障害の症状が悪化しました。

日常生活に影響も?当時の症状について

睡眠障害の症状は人間関係のストレスがあって悪化したものだと思われますが、その症状はひどいものでした。

入眠障害を通り越して、どれだけ疲れていても一睡もできないことがありました。また仮に眠ったとしてもわずか1時間で目が覚めたり、起床予定時刻の2時間以上前から目が覚めてしまうこともしばしばでした。

睡眠障害が長期間にわたってしまうと、体調不良の原因にもなります。その上仕事でミスをしたりしてひどく叱られたり、日常生活では何もやる気が起きなくなってしまうなど、睡眠以外にも影響が出始めたのでそろそろ何か対策をしなければならないと思いました。

薬の服用は避けたい!私がサプリメントを選んだわけ

睡眠障害が気になったため一応は心療内科を受診しましたが、治療方法は当然ながら睡眠導入剤を服用するという対処療法しかすすめられませんでした。

睡眠導入剤を服用すれば依存症になると思ったので、何か別の方法はないかと思い、インターネットで情報を探したところ、睡眠障害に効果のあるという「北の大地の夢しずく」というサプリメントがあるという情報を目にしたので早速そのサプリメントを購入して服用してみることにしました。

症状が緩和した!サプリメントを服用してみた感想

「北の大地の夢しずく」はネットで購入できるので、気軽に服用できました。本来はイライラや憂鬱感を解消するためのサプリメントなのですが、睡眠障害にも一定の効果があるということでした。

飲み始めはもしかしたらサプリメントであっても何かしらの副作用が出てしまうのではと不安に思いましたが、継続して服用してみてもかえって眠気が残ったりするという副作用が出ることはありませんでした。

そして服用し始めてからは少しずつですが、入眠するまでの時間や継続して眠れる時間が長くなっていきました。サプリメントなので長期間にわたって服用しても安心して飲めるので、睡眠障害に悩む人にはおすすめの商品だと思いました。

不眠症に悩まされている方へ朗報!サプリは安くて効果も抜群! 男性 38歳 K.R.さん

日本人は不眠症の人が多いといわれており、私もその一人でした。

当時は眠れない日が続き、仕事にも支障が出るくらい重症でした。

しかし私はサプリメントに頼ったおかげで上質な睡眠がとれるようになりました。その生い立ちについてご紹介します。

私が不眠症になってしまったキッカケ

私が不眠症になったキッカケは、主に仕事です。私が勤めていた職場では人間関係が酷く、毎日頭を抱える程悩まされていました。更に仕事量も一般企業に比べると多く、毎日1時間以上の残業は当たり前かつ、週6出勤で朝~夜までと非常に過労であり、体力の消耗が激しかったです。

そのせいか精神的にまいってしまい、疲れているのに全然眠れなかったり、眠気はあるのに睡眠につくことが出来なかったりと毎日睡眠をとるのが苦でした。

疲れすぎていると逆に眠れなくなったり、次の日出社したくないという気持ちからどんどん自分を不安にさせていって、そのせいで睡眠を充分にとることが出来ず、酷い時は病院へ通うことも多々ありました。

実際に使用したサプリメントの効果

私は不眠症改善サプリの中でも最も効果が高いとされている「北の大地の夢しずく」を利用しました。この商品は口コミの数も多くたくさんの方に良い評価を得ていました。

これだけ評価が高いからきっと大丈夫だろうと思い、疑うことなく使用しましたが実際に使用してみて本当に効果がありました。

眠りにつくまでに最低でも1~2時間は必要だった私が、なんと初回で30分立たずに眠りにつくようになったのです。その後飲み続けることで、10分以内で眠りにつけるようになりました。

更に嬉しい効果として寝起きの気だるさが無くなり、すっきりとした目覚めを実感出来るようになりました。今後もこのサプリを続けていって、この睡眠を維持していきたいです。

何時まで頼る睡眠薬?サプリで自然な眠りをゲット! 女性 45歳 S.M.さん

不眠症とは更年期の軽い鬱から始まって、かなり長い付き合いになります。

当時かかっていた精神科で、精神安定剤を処方してもらって不眠症対策に使用していました。

更年期が過ぎてからも、飲まないと眠れないのではと言う不安感から処方を続けてもらっていましたが、やはり何と言っても薬品ですので、ある意味不自然な眠りとも言えます。

出来ればもっと自然に眠りをもたらしてくれるもの、と考えてサプリに行きあたりました。

多くのサプリがあるので最初はかなり迷いました

にしても一体どんな成分の入ったサプリが、一番自分の不眠に適応するのかが良く解りませんでしたし、正直どれもお値段が処方の精神安定剤に比べると高いので、中々心が決められませんでした。

がしかし、鬱症状が出ていた時に聞いた、セロトニンと言う脳内物質を思い出しました。これの分泌が減ると、鬱になったりもするという物質で、太陽光などが少ないと分泌が減るとも聞いていました。

と言う事は、セロトニンを補給してくれるサプリが私の場合、結構効き目があるのではと思いついたのです。

お試しの出来る品をまず試してみました

ネットであれこれ口コミを調べたのですが、その中でセロトニンを含んでいるサプリをいくつか抜き出してみました。

その中で北の大地の夢しずくと言うサプリが初回キャンペーンでお試し30日分と言うのをやっていましたので、どんなものかと一応試してみることにしました。何しろお値段がやはりネックになりますので、身体には薬よりいいとは言え最初から高価な品を購入することはためらわれたのです。

30日間試してみましたところ

とりあえず寝る前に飲んでいた精神安定剤を止めて、北の大地の夢しずくに替えてみました。初日はさすがに、効果と言えるほどのものは出ませんでしたし、入眠にやはり少々時間がかかってしまいました。

でもとりあえず30日だけでも試してみようと、そのまま続けていましたら1週間後くらいに何となく、就寝時に気持ちがリラックスしてきたような気がしました。

元々入眠時にあれこれ余計な暗いことを考え始めて、眠りに入れなくなったのが不眠症の始まりだったので、この横になった時にリラックスできる感じと言うのは、効いたかなと思える手ごたえとも言えました。

その後そのまま続けて服用しています

どうやらそのまま行けそうだという手ごたえがあったので、その後は定期通販の形で続けることにしました。現在も服用していますが、自然な感じで入眠できるのがいいですね。

薬の場合だと、いきなりの眠気に襲われる感じがあったのですが、そうではなくて睡眠の肝心な部分、リラックスを補ってくれるというのがいい気持ちに朝の目覚めに繋がっています。

不眠は慢性的な疲労も引き起こす!それを改善するならやっぱりサプリ! 女性 39歳 T.N.さん

子育てをしていると、夜間の授乳があったり、夜泣きがあるのでなかなか熟睡はできません。

誰かが面倒を見てあげるからたまにはゆっくり…と言われても、まるで子供の声が空耳のように聞こえ、寝ていられないことも少なくありませんでした。

そのため、慢性的な不眠となりサプリを飲むことにしたのです。

サプリを飲もうと思ったきっかけとそれまでの対策

サプリメントを飲もうと思ったきっかけは、眠れないので、ゆっくり眠りたいという気持ちもありましたが、それよりも授乳が終わったことも一つにのきっかけでした。それまでは何かの薬やサプリを飲もうと思っても、授乳中であるという理由で飲むことが出来なかったのです。

また授乳が落ち着くと、朝まで子供が寝ることも増えました。しかし私は気にかかって何度も起きてしまうということが続き、自分の中途覚醒が問題であると感じたのです。

その理由は、やはり不安と緊張です。それを解決するために、寝る前にお風呂に入ったり、マッサージをしたり、眠たくなるツボを押してみましたが、残念ながら効果がなかったので、サプリに最終的に頼ることにしました。

子供が気になる時には、強いサプリは厳禁!

子供が小さい間は、やはり寝ていても自然と気になるものです。寝ていてもいいと言われても、気になって眠れませんでした。そんな時に飲んでみたのが、「北の大地の夢しずく」」です。強いサプリメントは、途中で起きれないと心配ということもあり避けたいと思っていました。

そのため、あまり強くないサプリメントを探してみたのですね。睡眠というよりかは、リラックスの効果の高いものかなと思いましたが、それでも心地良い感覚でリラックスをすることが出来たので、飲んでよかったと思います。

サプリを飲んでみた一番の変化とは何か

サプリを飲んで一番の変化は、中途覚醒がなくなったということです。元々入眠障害はなく、眠りにつくのはスムーズでした。しかし眠りは常に浅かったので、何回も起きていました。

しかし、サプリを飲むようになって、眠りが深くなった気がします。その結果、子供が夜泣きをしなければ、自分も朝まで一緒に寝るということが出来るようになり、体の疲労がなくなったことが一番の変化です。

ゆっくり眠りたい時は心も体も満足させるようにしよう!

ゆっくり眠りたいという時は、できるだけ部屋を暗くし、外からの騒音が聞こえないようにもしましょう。

また、次の日のスケジュールなども考えないようにしましょう。

次の日のスケジュールを意識してしまうことで自然と目が覚めてしまうことがありますし、脳まで深く眠れないということもあるものです。

続きを読む

睡眠薬は副作用のことも知ってから上手く使うようにしよう!

健康に生きていくために大事なこととして睡眠があります。

睡眠がきちんととれていないと仕事の効率も悪くなります。また、酷い時は睡眠が足りないということで死に至ることもあります。

ですから不眠症になり睡眠がとれなくなってしまった時は、睡眠薬に頼るのも良い方法です。ですが、副作用があることも忘れないようにしましょう。

続きを読む

目が冴えて眠れない!そんな時は脳も一緒に休められる方法を考えよう!

眠りたいと思っていても、眠る直前にテレビを見ていたり、何か面白いことがあったりすると興奮状態にもなってしまって眠れなくなってしまうということがあるものです。

こういった時は目だけでなく脳も冴えてしまっている、ということがあるものです。ですから眠れるようにするには、目を休ませることと脳を休ませることが必要です。

続きを読む

眠れない時は眠れる環境にすることで解決してみよう!

眠る、ということは人が健康的に生きていくためには必要なことです。

睡眠が足りていないことで冷静な判断ができないということもありますし、イライラするような精神的に不安定な状態になってしまうことというのもあるものです。

ですから眠れない状態が続いた時は、早めに改善策を探していきましょう。

続きを読む